マイベストプロ神戸
植田有祐

公認会計士試験の合格に貢献する簿記・会計指導のプロ

植田有祐(うえだゆうすけ)

公認会計士事務所MVP

コラム

2019年公認会計士論文式試験 出題予想

公認会計士論文式突破を目指される皆様。
関西TACで僕の講義についてくれた皆様。

恒例のラストチェック!!
以下の範囲を、重点的に復習して本試験に臨みましょう!!

【簿記】
 (1) 固定資産会計 (減損・資産除去債務・リース) A
 (2) 金融商品 (ヘッジ・外貨) A
 (3) 連結財務諸表 (在外子会社・一部売却・取得関連費用) A
 (4) 包括利益計算書・連結包括利益計算書 (その他有価証券・為調・退給) A
 (5) 退職給付会計 B 
 (6) キャッシュ・フロー計算書・連結キャッシュ・フロー計算書 B
 (7) 会計方針の変更 (遡及修正) B

【財務諸表論】
 (1) 概念フレームワーク A
 (2) 収益認識 A
 (3) 純資産会計 (ストックオプション) A
 (4) 税効果会計 A 
 (5) 金融商品会計・ヘッジ会計 B
 (6) 固定資産会計 (減損・資産除去債務・リース) B
 (7) 外貨換算会計 B


【管理会計】
 (1) 総合原価計算 (組別・等級別) A
 (2) 標準計算基準 (標準原価カード) A
 (3) 原価企画・維持・改善 A
 (4) 事業部制 (RI、ROI) A
 (5) 個別原価計算 B
 (6) 予算統制 (予実分析) B
 (7) 設備投資意思決定 B

【監査論】
 (1) 報告論 (比較情報・GC・後発事象) A
 (2) 監査手続 (見積りの監査) A
 (3) リスク・アプローチ (事業上のリスク・特検リスク) A 
 (4) 内部統制 A
 (5) 倫理規則・品質管理・正当な注意 B
 (6) 監査人の責任・会社とのコミュニケーション B
 (7) 四半期レビュー ・特別目的の財務諸表 B

【企業法】
 (1) 株主総会・取締役会・委員会設置会社 A
 (2) 第三者責任 A
 (3) 競業避止義務 A
 (4) 募集株式の発行・株式譲渡・株主名簿 A
 (5) 組織再編 (事業譲渡) B
 (6) 計算 (増資・減資) B
 (7) 持分会社 (株式会社との比較) B

【経営学】
 (1) CAPMとアノマリー A
 (2) ペイアウト政策 (配当・自己株取得) A
 (3) 債券投資 A
 (4) デリバティブ (先物・オプション) A
 (5) イノベーション B
 (6) 技術経営 (製品アーキテクチャ) B
 (7) 標準化戦略・国際戦略 B

【租税法】
 (1) 【法人】受配・所得税額控除・租税公課・減価償却 (圧縮記帳)・交際費・給与 A
 (2) 【所得】事業所得・不動産所得 A
 (3) 【消費】課税標準・課税売上割合・仕入税額控除 A
 (4) 【理論】低額譲渡・みなし譲渡・無償取引 A
 (5) 【理論】生活に通常必要な資産 vs. 必要でない資産 A
 (6) 【理論】損益通算 B
 (7) 【理論】組織再編税制 B


僕にあと出来ることといえば、本試験当日、応援に行くことぐらい。
緊張している人も、そうでない人も、僕には最後まで看取る責任があります。
また本試験会場で!


この記事を書いたプロ

植田有祐

公認会計士試験の合格に貢献する簿記・会計指導のプロ

植田有祐(公認会計士事務所MVP)

Share
関連するコラム

植田有祐プロのコンテンツ