まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
植田有祐

公認会計士試験の合格に貢献する簿記・会計指導のプロ

植田有祐(うえだゆうすけ)

公認会計士事務所MVP

コラム

公認会計士試験 平成28年論文式合格発表を受けて

【公認会計士試験】 論文 合格発表

2016年11月14日 / 2018年7月10日更新



平成28年11月11日に、公認会計士論文式試験の合格発表がありました。

合格者数 1,108人
(願書提出者数 10,256人 (つまり、試験全体の合格比率 10.8%))
(論文式受験者数 3,138人 (つまり、論文式からの合格比率 35.3%))
という結果となりました。

ちなみに、前年度の結果は以下の通りでした。
合格者数 1,051人
(願書提出者数 10,180人 (つまり、試験全体の合格比率 10.3%))
(論文式受験者数 3,086人 (つまり、論文式からの合格比率 34.1%))

今や、どこの監査法人も会計士不足に嘆いていますから本来合格者数は増やしたいのですが、一気に増加せると、せっかく完全に解決した未就職者問題が復活してしまいう恐れもあるし…といった思惑を感じさせます。来年以降もこのまま、1,000人強の合格者数で推移するのではないでしょうか。

この週末、様々な方から結果のご一報を頂戴し、誠に有難うございました。
合格された方、本当におめでとうございます。
皆さん一様に晴れやかな表情をされていて、こちらまで嬉しくなりました。改めて、この瞬間を味わうために講師という仕事をしているのだなとも感じました。
受講生の側から見れば、毎年多くの生徒が入れ替わっていくから先生って生徒のこと覚えていなんでしょ、と思うかもしれませんが、まったくもってそんなことはありません。1度でも教えたことのある受講生は、絶対に覚えています。ですので、今回合格された方は、公認会計士として実務に就き、ひとまわりもふたまわりも大きくなって、成長した顔をまた見せに来てください。その時までお待ちしております。

会計最高峰の国家資格取得を目指す皆様を、今後も応援致します。
http://www.kaikei-mvp.com/

この記事を書いたプロ

植田有祐

植田有祐(うえだゆうすけ)

植田有祐プロのその他のコンテンツ

Share

植田有祐プロのその他のコンテンツ