まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
植田有祐

公認会計士試験の合格に貢献する簿記・会計指導のプロ

植田有祐(うえだゆうすけ)

公認会計士事務所MVP

コラム

短答まで35日。 苦しい時ほど・・・、

【公認会計士試験】 勉強方法

2015年4月20日 / 2016年1月12日更新



『険阻艱難ほど大業を成すに
宜しきものこれなきよう存じ奉り候』

吉田松陰の言葉です。

現代語に訳すると、
『 苦しいことや困難なことがあるほど、大きな仕事を成し遂げるには好都合だと思われます。』
となります。

受験生の皆さん。
苦しくて辛い時こそ、成功のチャンスです。

苦しいときほど合格に近づいています。

もう駄目だと思ったときが、合格に一番近づいています。

いまが正念場です!

合格するためには、それなりに理由を満たす必要がありますが、
まずは、自分を信じてあきらめないことです。

苦しくてもう駄目だと思ったときに、絶対にくじけないことです。

あなたが苦しいと思うとき、ライバルも苦しいし、
あなたがもう駄目だと思うとき、ライバルも境界線上にいるのです。

そのときこそ正念場です。

正念場で踏ん張れる人こそ合格に一番近づいている人なのです。

そして、自分を支えてくれる人々への感謝の気持ちをいつも忘れないで
努力を続けられる人が合格する人なのです。

会計MVPは、あたなの合格を心より応援しております。
http://www.kaikei-mvp.com/

この記事を書いたプロ

植田有祐

植田有祐(うえだゆうすけ)

植田有祐プロのその他のコンテンツ

Share

植田有祐プロのその他のコンテンツ