まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
植田有祐

公認会計士試験の合格に貢献する簿記・会計指導のプロ

植田有祐(うえだゆうすけ)

公認会計士事務所MVP

コラム

公認会計士 平成27年第Ⅰ回短答式試験 ボーダー予想 【追伸】

【公認会計士試験】 短答 ボーダー予想

2014年12月11日 / 2016年1月12日更新



前回のコラムで、ボーダーは61%~65%になる、と予想しました。

ボーダー予想自体はこちら↓
http://www.kaikeiboki-mvp.com/news/news-_27.html


自己採点で、61%~65%の間にいる方は、気が気ではないことと思います。

今回のボーダー、予想が難しいですね。
管理会計で1問(問題8)、正解なしの問題がありました。これはおそらく全員○が来るでしょう。
しかし、他にも、予備校の間で正解が割れている問題が2つほど。

さらには、合格させる人数にもよると思います。

去年の12月の短答式は、願書提出者数7,689人うち、合格者1,003人 (13.04%)
今年の12月の短答式はというと、願書提出者数7,207人です。
これに、去年と同じ合格比率13.04%をかけると、合格者は、940人となります。

940人でくるのであれば、ボーダー62~63%でしょう。

しかし、1,000人に乗せるのであれば、ボーダーは61~62%でしょう。


短答が終わって、ボーダーに乗っている方も、そうでない方も、
なかなか身が入らない時期かと思います。
しかも12月だし、忘年会がたくさん入っているよと!

分かります。

しかし!!
一刻も早いリスタートが、来年5月の短答式、ないし8月の論文式、の合格の決め手となります。

短答式の本試験を受験されて、気づいたことはありませんでしたか?
そこから始めてください。

連結キャッシュ・フロー計算書ができなかったなぁ... → 解けるようにしよう!

財務会計の理論問題、たくさん間違ってしまったなぁ...→ 会計基準をゆっくり読んでみよう!



公認会計士・税理事務所MVPは、皆様のリスタートを応援します。

新年を迎えるにあたって、プロ講師のアドバイスにより、学習計画を立ててみませんか ^^?

http://www.kaikeiboki-mvp.com/

この記事を書いたプロ

植田有祐

植田有祐(うえだゆうすけ)

植田有祐プロのその他のコンテンツ

Share

植田有祐プロのその他のコンテンツ