まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
植田有祐

公認会計士試験の合格に貢献する簿記・会計指導のプロ

植田有祐(うえだゆうすけ)

公認会計士事務所MVP

コラム

本試験前日の過ごし方

【公認会計士試験】 勉強方法

2014年12月5日 / 2016年1月12日更新



平成26年公認会計士短答式第Ⅰ回、試験前日ですね。

皆さん調子はいかがですか?
本試験前日の過ごし方をまとめました。


(1)全科目なにかしら勉強すること!

全科目、なにかしら手をつけましょう。1日で総復習がむずかしいというのなら、
・簿記は、個別の総合問題を腕ならしがてら解いておく。
・財務諸表論は、概念フレームワークをもう一度読んでみる。
・管理会計は、標準原価計算の基本問題を、電卓をたたいてみる。
・監査論は、監査報告書のひな形を眺めておく。
・企業法は、機関と、金融商品取引法の最終確認をする。

とにかく5科目全部触ってください。
それが、明日の自信につながります。


(2) 良く寝ること!

まちがっても、徹夜で勉強!などと考えないでください。
徹夜なんかしてしまったら、本試験最後のコマの山場、財務会計の時に、頭が全く回らなくなってしまいます。
人それぞれ適正な睡眠時間は違いますが、いつも通り、6時間以上は寝るようにしまょう。

本試験の点数 = あなたの知識量 + 「当日の頭の回転」 です。

いまさら徹夜で勉強してつける知識量など高々知れています。それよりも睡眠をとることによって、「当日の頭の回転」をあげることに注力したほうが、本試験の点数は間違いなく上がります。


大丈夫です。あなたならきっと合格できます。


Prepared by 公認会計士・税理士事務所MVP

この記事を書いたプロ

植田有祐

植田有祐(うえだゆうすけ)

植田有祐プロのその他のコンテンツ

Share

植田有祐プロのその他のコンテンツ