まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
冨金原伸伍

鍼灸・カイロプラクティックのプロ

冨金原伸伍(ふきんばらしんご)

神戸東洋医学センター(冨金原治療所)

お電話での
お問い合わせ
078-371-3203

冨金原伸伍プロのご紹介

カイロプラクティックのすばらしさを伝えたい(2/3)

冨金原先生は、1970年代にカイロプラクティックの創始者・D.D,パーマーが開校した米国のパーマー・カレッジ・オブ・カイロプラクティックを卒業

1970年代に本場のアメリカで、カイロプラクティックを本格的に学ぶ

 冨金原先生は、高校時代は体操選手として国体に出場、社会人になってからは全日本ボディービルのパワーコンテストで重量級スクワットの部で第3位を獲得するなど、運動神経抜群のスポーツマンでした。そんなある日、約180㎏の重量を持ち上げる重量級スクワットで、腰を痛めてしまったそうです。

 「腰を痛めた時に初めて鍼のケアを受けた」という冨金原先生。鍼で癒され腰がラクになったことに感動して鍼灸や整体に興味を持ち、ついには会社を辞め、関西鍼灸柔整専門学校へ入学。猛勉強を始め、按摩、マッサージ、指圧師、鍼師、灸師、柔道整復師の各免許を次々に取得しました。「鍼灸などの勉強をしていた1970年代当時、カイロプラクティックは日本ではまだ珍しいケア法でした。新しいケア法への憧れもあり、せっかく勉強するなら発祥地のアメリカへ渡り、カイロプラクティックの元祖と誉れ高い大学、パーマー・カレッジ・オブ・カイロプラクティックで本格的に学ぼうと決心しました」

 持ち前の明るさと行動力で米国では、少林寺拳法の稽古に励みながら、パーマー・カレッジ・オブ・カイロプラクティックとシャーマン・カレッジ・オブ・ストレート・カイロプラクティックの2つのカイロプラクティックの大学で、本場の知識と技術を学び、ドクター・オブ・カイロプラクティックの学位を得て帰国。生まれ育った神戸で、神戸東洋医学センターを開設しました。ビルの5Fにあり看板を出していませんが、冨金原先生のケアのすばらしさは口コミで広がり、遠方から足を運ぶ人や家族ぐるみで通う人も多いそうです。

冨金原伸伍プロのその他のコンテンツ

Share

冨金原伸伍プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-371-3203

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

冨金原伸伍

神戸東洋医学センター(冨金原治療所)

担当冨金原伸伍(ふきんばらしんご)

地図・アクセス