マイベストプロ神戸
山田耕一

生産現場における現場改善のプロ

山田耕一(やまだこういち)

IMPコンサルティング

お電話での
お問い合わせ
0797-78-6118

山田耕一プロのご紹介

外資メーカーで積み重ねたノウハウを活用し生産現場の課題を解決する(1/3)

生産現場における現場改善のプロ 山田耕一さん

商工会議所の登録専門家として企業を訪問、5S活動導入を支援

 「生産性が上がらない」「納期に間に合わない」「ミスが多い」、こうした問題を抱えているものづくり企業は多いのではないでしょうか。兵庫県芦屋市で「IMPコンサルティング」を運営する生産現場改善コンサルタントの山田耕一さんは、「リードタイムの短縮」「生産性の向上」「品質の改善」を踏まえた戦略モデルにより、中小製造業の受注拡大、業績目標の達成を支援しています。

 商工会議所が実施する専門家派遣サービス「エキスパートバンク」に登録(神戸、西宮、大阪など)している山田さん。登録専門家として、さまざまな企業を訪問し、講習会の開催にも熱心に取り組んでいます。品質、コスト、納期改善の原理原則の解説にも自分の体験談をふんだんに織り込み、受講者が理解しやすい講習会となるよう心掛けているそうです。

 製造業のみならず5S活動の導入を目指すオフィスや商店、サービス業などからのコンサルティング依頼も多いとのこと。「『5S』とは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの 頭文字のSが集まった活動名称です。不要なものを捨てる『整理』、使いやすく並べて表示する『整頓』、掃除をしながら点検する『清掃』、美しい状態を維持する『清潔』、規則を守り習慣化する『しつけ』で構成されています。この5項目を徹底して行うことで、職場環境を改善され、効率的に業務を進められるようになります。また、組織が活性化するので、人材の育成にも良い影響を与えます」

 整理、整頓、清掃活動を定着させるには、清潔、しつけを重視して活動を推進することが大切だという山田さん。企業の状況に合わせた5S導入プランを提案して喜ばれています。
「5Sは、ボトムアップではなく、トップダウンの活動です。ボトムアップでは部分最適(組織の一部のみが最適化された状態)を作ってしまう。それも無意味ではないですが、組織全体で使う書類や備品をどのように管理するのかは全体最適(組織全体が最適化された状態)であるべき。『改善』は企業のトップが本気にならないと成功しない取り組みなのです」

Share

山田耕一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0797-78-6118

 

メール・電話で問い合わせを随時受け付けています。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田耕一

IMPコンサルティング

担当山田耕一(やまだこういち)

地図・アクセス

山田耕一プロのコンテンツ