まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
今里寛

中小企業の経営労務のプロ

今里寛(いまざとひろし)

今里大西経営事務所

今里寛プロのご紹介

若者が元気で安心して働ける会社作りをサポートしたい(3/3)

今里寛 いまざとひろし

経営者は正々堂々と立ち向かうべき

 「己こそ己の寄る辺、己を措きて誰に寄るべぞ、良く整えし己こそ、まこと得がたきよるべなり」が、今里さんの座右の銘。他人のことを考えるには、まずは“寄る辺”となる自己確立が必要という少林寺拳法の創始者の言葉です。

 大学卒業後に勤めた会社で若手社員特有の閉塞感にぶつかり、「若者が元気で安心して働ける会社作り」を志しました。以後、労務士として、自分を養い、力をつけ、育てあげるよう努力を重ねてきました。

 現在、自己鍛錬や精神修業のために居合道の稽古にも励んでいます。武道で長年培ってきた経験は仕事にも生かされています。「経営者は自分の歩幅、身幅身の丈にあった生活が大事です。そのためには、まずは立ち位置を決めます。正しい姿勢で構え、目標に向かって正面から進むべき」と。

 健全な会社を経営することは、雇用と納税という社会貢献を行う立派なこと。「正々堂々と立ち向かいましょう!」労務士として武道家として己を磨いてきた今里さんの笑顔は、きっぱりとして晴れやかでした。

(取材年月:2015年9月)

3

今里寛プロのその他のコンテンツ

Share

今里寛プロのその他のコンテンツ