まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
今里寛

中小企業の経営労務のプロ

今里寛(いまざとひろし)

今里大西経営事務所

今里寛プロのコラム一覧:経営マメ知識

一般の従業員と同様に社長を含めた役員に対しても退職金を支払う場合、問題はその金額です。退職金は法で定められた制度ではないため、基本的には会社ごとに自由に決めることができます。しかし、あまりにも高額になると損金計上ができなくなるというデメリットがあります。ただしこの高額と...

中小企業経営者の方の中で、従業員の退職金について悩まれている方も多いと思います。もちろん退職金は法律で定められているわけではないため、必ずしも払わなくてはいけないわけではありません。しかし、自社に長年勤務してくれていた従業員への感謝の気持ちを表すという意味では、退職金は...

社長を含む役員が、会社に対して貸し付けるお金のことを役員借入金と言います。主に中小企業でよく見られる勘定科目の一つです。資金繰りが上手くいかず、月末に支払ができなくなってしまう場合などに、役員が会社に個人のお金を貸し付け、急場をしのぐ形で使われます。役員借入金は、そのま...

建設業はその仕事がら、他の職種に比べ事故にあう確率が高い職業と言えるでしょう。また建設業の場合、元請から下請、さらにその下請といった形で、請負契約による作業が多く、労災保険も一般的な職種とは異なる形での契約となります。一つのミスが、大きな事故を招くリスクが高いのが建設業...

東日本大震災の復興事業や東京オリンピックなどで好況に沸く建設業。しかし、2015年には倒産数が6,856件と全産業のトップを記録しています。好況ではあるものの、人手不足、労務費などの高騰などによって倒産が減らない建設業ですが、実は黒字でありながら倒産してしまう黒字倒産も建設業では...

今里寛プロのその他のコンテンツ

Share

今里寛プロのその他のコンテンツ