まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
中野真理子

法を遵守し解決に導く探偵調査のプロ

中野真理子(なかのまりこ)

日本総合調査センター

お電話での
お問い合わせ
078-333-8411

コラム

妻の浮気が発覚したら夫がとるべき選択肢

妻の浮気

2018年6月1日

妻が浮気をしていることがわかった場合、どのように対応するかは人それぞれです。離婚の2文字がすぐにちらつく場合もあれば、なんとか関係を修復したいと考える人もいるはずです。

ただの火遊びであればそのうち鎮火する可能性もあります。本気であれば問い詰めることで開き直り、結果的に妻を失う結果となるかもしれません。

話し合いで解決する

妻が浮気をしているとわかって、平常心でいられる夫は少ないでしょう。しかし、離婚するつもりはなく、夫婦としてやり直したいと思っているならば、怒りの感情をそのままぶつけるのはよくありません。冷静に話し合うことで、元のさやに納まることもあります。

妻のほうも、単なる遊びで離婚する気がなければ、素直に反省して謝罪するかもしれませんが、激昂してしまうことで心を閉ざし、その後の関係に悪影響を及ぼす可能性があります。

見て見ぬふりをして証拠を集める

こちらから歩み寄っても、しらばっくれて浮気を認めない場合もあり得ます。ここは、しばらく放置しておいて証拠を集めることを優先したほうが良いでしょう。

証拠があれば、妻のほうから離婚請求はできませんし、離婚をする場合も夫に有利に事が運びます。その間に浮気は終わる可能性もありますし、問い詰めることによって、その裏で証拠隠滅を図る可能性があります。

浮気相手と別れさせる

妻の浮気が発覚しても、「離婚するつもりはない」「浮気をやめさせ、もう一度夫婦としてやり直したい」、そう考えるならば、浮気相手と別れさせるのも一つの選択肢です。

浮気の証拠を手に入れて、浮気相手に慰謝料請求をすることで、相手のテンションは下がります。ただし、相手が妻の素性を知らず、独身だと思って付き合っていた場合、慰謝料請求できません。

以上のように、まずは浮気の証拠を手に入れることが大切です。離婚したい場合は裁判で有利となり、また離婚したくない場合も、有責配偶者からの離婚請求は原則、認められないこととなっています。

この記事を書いたプロ

中野真理子

中野真理子(なかのまりこ)

中野真理子プロのその他のコンテンツ

Share

中野真理子プロのその他のコンテンツ