まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
津田孝二

職人として現場を熟知するリフォームのプロ

津田孝二(つだこうじ)

株式会社ハウスK

お電話での
お問い合わせ
072-764-8816

コラム

水のプロが教える水道水と塩素のお話

水のお話

2016年8月20日 / 2017年1月16日更新

実は水ってこわいんです。

水道水は消毒されているからそのまま飲んでも大丈夫と思っていませんか?
体に良いとは言えないので、飲んでいる人はやめてください!!

確かに日本の水は水道法によって守られており、カルキや不純物が入っていても人体に影響が少ないと言われていますが、全く悪影響がないわけではないのです。

水道水には雑菌を消毒するためにカルキが入っておりその主成分が塩素だとご存じの方は多いと思いますが、この塩素が人体に有害であることを知っておられる方はまだまだ少ないのではないでしょうか。
塩素は殺菌力と漂白力が強く各家庭に水を運んでくれる良い面ももあるのですがその反面、腐食性をもつ有毒物質でもあるのです。
特に夏は気温が高く雑菌の繁殖が強いで、水中の塩素濃度が高くなっています。

塩素の何が危険なのか?

塩素が雑菌などの微生物を分解する際にトリハロメタンという発がん性物質を発生させます。
トリハロメタンは、腎臓や肝臓に悪影響を与えるだけでなくアトピーなどの皮膚炎の原因になるとも言われている非常に危険な物質です。
また、古い水道配管の場合、さびや鉛などの有害物質が入っていることもあり、この有害物質が人体に悪影響を起すこともあります。

塩素は口からだけでなく皮膚からもダメージを与えるってご存知でしょうか?

洗面所では顔や歯を洗い、お風呂では湯船につかったりシャワーで髪や体を洗ったり、最近ではトイレで温水便座を使う方も多くなってきたと思いますが、その水にも当然塩素は入っています。

塩素はたんぱく質に付着して酸化させますので肌の弱い方は肌荒れしたり髪を傷めたりする可能性もあるんです。
飲水ばかり気にされておられる方が多いですが、本当にそこだけで大丈夫ですか?
お風呂に入る前に浴槽にゆずを1個入れるだけでも浴槽の塩素を減らすことができます。
ついでにゆずの香りでリラックスできますよ。

塩素を抜く方法・・間違っていませんか?

塩素を抜くためにはどうしたらいいのと聞かれて、一番良くでる答えが「沸騰させる」ですが、この答えただ沸騰させるだけでは少し間違いなんです。
塩素を抜くためだけであれば約15分ほど沸騰させなければ十分ですが、約10分くらいで発がん性物質のトリハロメタンは通常の数倍にまで膨れ上がります。
このトリハロメタンを除去するためには、40分以上沸騰させなければいけませんので、かなり大変です。
40分以上沸騰させたらガス代も怖いですね・・・
また、40分以上かけてトリハロメタンを除去した水は安全な水になったと同時に雑菌の付きやすい水になっていますので、冷蔵庫にいれているからと何日もほったらかすのは危険です。早急に飲みきることを心がけてください。

塩素を除去する方法は沸騰以外に、ビタミンCやお茶のカテキンで塩素を分解する方法もあります。
お茶を沸かす時、やかんに水道水を入れてお茶の葉を入れてお湯を沸かしますよね?
この時、お茶の葉によってカルキは中和されますが、同時に栄養素が一気に奪われているんですよ。
水道水でお茶をわかすと栄養の少ないお茶しかできないのは、もったいないですよね・・・
これは野菜も一緒で水道水で野菜を洗うと栄養の少ない野菜になってしまっています。
せっかくのおいしい料理も栄養が少なくなっては、もったいない・・・
最近のキッチンの蛇口には浄水器が付けれるようにメーカーも対応してますので、お茶を沸かすのも野菜を洗うのも浄水器などを使われることをオススメします。

それでも日本の水はすごいんです!!

今回は水道水の塩素についてお話を致しましたが、世界で水道水が飲めるのは日本を含めて15カ国だけです。
これは本当にすごいことなんです。

今はまだカルキ(塩素)に頼らなければ安全に水を各家庭まで送ることができませんので、まだまだカルキは必要です。

最近はキッチン用の浄水器以外にも脱塩素の浴室シャワーヘッドなどが出てきていますが、トイレや洗面も心配だと言われる方は蛇口から出る水を全べて浄水する方法もありますので、ご相談ください。

水道水はなくてはならないものですので良いところと悪いところを知って、上手に付き合いましょう。

この記事を書いたプロ

津田孝二

津田孝二(つだこうじ)

津田孝二プロのその他のコンテンツ

Share

津田孝二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-764-8816

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田孝二

株式会社ハウスK

担当津田孝二(つだこうじ)

地図・アクセス

津田孝二プロのその他のコンテンツ