まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
津田孝二

職人として現場を熟知するリフォームのプロ

津田孝二(つだこうじ)

株式会社ハウスK

お電話での
お問い合わせ
072-764-8816

コラム

タンクレストイレは事前に水圧チェックが必要です。

トイレ

2015年2月2日 / 2016年12月16日更新

水圧って重要ですよ!


タンクレストイレとは、その名の通り便器の後ろにある水を貯めるタンクがないトイレのことで、すっきりとしたデザインが人気です。

                     例) TOTO ネオレスト
                     

メーカーによっては必要水圧が違う場合がありますが、今回はTOTOのタンクレストイレを例にお話したいと思います。

今までののタンクレスのトイレは流動圧が0.07MPa必要でした。(MPaは圧力の単位)
流動圧とは、水が流れている状態での水圧のことです。

0.07Mpaをわかりやすくいうと、ビルの7階からまっすぐ1階まで水を流したときの水の勢い(水圧)だと思ってください。
結構な勢いで水が出ることが想像できると思います。

今までは0.07MPaないとなぜ問題だったのか?
それは水の力で押し出す方式だったため水圧が弱いとトイレが流れにくかったり逆流してしまう要因になっていたです。

最新のタンクレストイレはハイブリッドシリーズと呼ばれ加圧装置を内蔵していますので低水圧でも取付けが可能となりましたが、水圧が全く関係なくなったわけではありません。

水圧が0.05MPa(10L/分)以下の場合、汚物は内蔵の加圧装置で流すので問題はありませんがウォシュレットの水圧が弱くなります。
水圧が0.03MPa以下の場合、便器ボウル面の洗浄能力が低下します。

加圧装置内蔵のトイレは水圧に影響を受けにくいので水圧チェックが必要なさそうに思えるかもしれませんが、工事後快適にトイレを使うためには、事前の水圧チェックは大切です。

次の場合は水圧が弱い可能性があるので交換前はご注意ください!
1. シャワーや水道の出が弱い
2. 戸建でトイレが2階・3階にある
3. マンションの上階
4. 建物が高台にある
5. 配管が古い(15年以上の銅管はさび等で水の通りが悪くなっている可能性もあります)

この記事を書いたプロ

津田孝二

津田孝二(つだこうじ)

津田孝二プロのその他のコンテンツ

Share

津田孝二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-764-8816

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田孝二

株式会社ハウスK

担当津田孝二(つだこうじ)

地図・アクセス

津田孝二プロのその他のコンテンツ