まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
日置尚文

健康住宅のプロ

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-936-4320

コラム

谷八木Ⅲの家、人間レッカーで上棟

2017年12月9日 / 2017年12月11日更新

HKハウス谷八木Ⅲの家は、旗竿地で、電線が多いため、

レッカーでの荷揚げ、上棟作業ができません。





旗竿地とは、 “細長い突出部がある土地。

          土地主要部を旗に、突出部を旗竿にたとえていう。”






そのため、人力で荷揚げをして、一つずつ人力で梁をセットしていきます。





大きな梁になると100キロ以上になり、大変な作業で、体力が必要です。






こういった荷揚げ専門の業者さんがあり、慣れた連携作業で、

人間レッカーと思えるほどスムーズに作業を進めていただきました。





夕方には無事に、屋上の断熱材も貼れ、ペントハウスもできました。






工事完了後、上棟式をして、大工さんと一緒に記念写真。

この記事を書いたプロ

日置尚文

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置尚文プロのその他のコンテンツ

Share

日置尚文プロのその他のコンテンツ