まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
日置尚文

健康住宅のプロ

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-936-4320

コラム

住宅省エネの工法

2012年10月1日 / 2014年8月1日更新

先日、高断熱住宅についての講演会に参加。





北海道、室蘭工大の鎌田教授によるQ1.0-X住宅の提案。


Q=1.0(キューワン)住宅を「一言」でいえば超省エネの高断熱住宅。

おおむねQ値=1.0前後になることから、Q1.0(キューワン)住宅と名づけました。

そして、 こうした住宅を北海道に普及させようと、

NPO法人 新木造住宅技術研究協議会(新住協)の会員と技術開発を行いながら、

住宅をつくりはじめているそうです。


講演のお話の中で、





住宅の省エネ方法を紹介していました。

・24時間換気に熱交換換気を使う

・開口部の熱損失を減らす

・方向に対する窓の最適化を検討する

・躯体の熱損失を低減させる


今後、住宅の省エネに関する基準も大きく変わります。

お客様に快適な暮らしができるよう日々勉強しています。

この記事を書いたプロ

日置尚文

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置尚文プロのその他のコンテンツ

Share

日置尚文プロのその他のコンテンツ