まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
日置尚文

健康住宅のプロ

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-936-4320

コラム

香取慎吾主演の映画「座頭市」の撮影現場へ

2010年7月29日 / 2014年8月1日更新


山形県鶴岡市にある映画スタジオ「庄内映画村」が座頭市THE LASTの撮影現場です。

庄内映画村は、

羽黒町の月山山麓に位置する88ヘクタール(東京ドーム20個分)という敷地を、

数々の映画の撮影するため、2年前に時代劇のオープンセットとして整備された。

ここは、観光地としての機能も持ち、一般公開されている。

漁村の町並みを再現したオープンセット(写真)

これは、香取慎吾主演の「座頭市 THE LAST」のロケ地で、映画は5月より公開中。

詳しくは、座頭市 THE LASTのHPhttp://www.the-last-1.jp/index.htmlをご覧ください

下記の様子はこちらをクリック⇒http://hioki.tenkomori.tv/d2010-07-27.html

・山形という山の中にも関わらず砂を敷き詰め、まるで海へ続くかのような漁村エリア。

・漁村の中にある昔を感じさせれ酒盛りがされたお店を再現(昔の人がさっきまでお酒を飲んでいた様子がうかがえます)

なんといっても昔の薄汚れた古道具類が臨場感を引き立てます。

・賭場で、ここでもさっきまで賭博(とばく)していてそのまま出て行った様子。


・座頭市の最後のシーンとなる天道一家親分の商家屋敷の入り口です。

・大きな屋敷は必見で、建物も小道具も揃え、中庭も丁寧に作り込んでいます。


庄内映画村オープンセットは、

現在、漁村・農村、宿場町、山間集落の撮影セットが建っています。

この壮大なオープンセットを撮影のためだけではなく、映画の舞台を

より多くの方に楽しんでいただきたいと考え、一般公開することとなったそうです。

今後、日本一のオープンセットを目指して、第1フェーズ、第2フェーズ、第3フェーズと

段階的に施設の充実をはかり『サムライ・ワールド』プロジェクトとして進めていくそうです。



実は、農村、宿場町、山間集落の撮影セットをまだ紹介していないので

次回へつづく・・・。


この記事を書いたプロ

日置尚文

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置尚文プロのその他のコンテンツ

Share

日置尚文プロのその他のコンテンツ