まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
日置尚文

健康住宅のプロ

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-936-4320

コラム

家を欠陥から守る制度

2009年5月13日 / 2014年8月1日更新


国土交通省から「住宅瑕疵担保履行法」のPR用チラシ。

「大切なマイホームを欠陥から守る制度、10月1日からスタートします。」というキャッチコピーで、新築住宅を購入予定の方へ「住宅瑕疵履行保険法」を促すチラシです。

「住宅瑕疵履行保険法」とは、

消費者保護のための新たな法律で、住宅瑕疵(欠陥)にもしもの備えとなります。

今年10月1日以降に引渡しを受ける新築住宅から
保証金の供託、もしくは瑕疵担保保険加入が義務付けられます。


「住宅瑕疵担保履行法」の狙いとは、

住宅会社が倒産した際でも、新築住宅の瑕疵(欠陥)に対して補償金を受けれます。
すなわち、品確法で義務化された10年間の瑕疵担保責任を果たせるようにすること。

新築住宅の買い主を保護するために、新築住宅の請負人や売り主に対して、保証金の供託か瑕疵担保保険加入を義務付けています。

詳しくは、国土交通省のホームページhttp://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/index.htmlをご覧ください

瑕疵担保保険加入するには、
住宅瑕疵担保責任保険法人5社はだけで、以下の通りです。
(株)住宅あんしん保証
(財)住宅保証機構
(株)日本住宅保証検査機構
(株)ハウスジーメン
ハウスプラス住宅保証(株)

ホームページには5社の詳しい情報も書いています。


ほとんど会社が保証金の供託は無理なので、瑕疵担保保険加入するそうです。

弊社では、すでに(財)住宅保証機構と(株)日本住宅保証検査機構(JIO)の瑕疵担保保険に加入し工事を行っています。

※瑕疵担保責任とは・・・契約の目的物に瑕疵(欠陥)があった場合に、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償したりする責任のことをいいます。


この記事を書いたプロ

日置尚文

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置尚文プロのその他のコンテンツ

Share

日置尚文プロのその他のコンテンツ