まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
藤之原和郎

顧客の大切な住まいを守る外壁と屋根塗装のプロ

藤之原和郎(ふじのはらかずお)

ひまわり塗装株式会社

コラム

スレート屋根の雨漏りの原因

雨漏り修理

2015年12月8日

スレート屋根の特徴

スレート屋根には、大きく分けると2種類のタイプがあります。
天然岩石が主材料の天然スレート屋根と、セメントが主原料の化粧スレート屋根です。

材料を板状に薄く加工し、屋根に取り付けた形状をスレート屋根と呼んでいます。メリットとして、重量が軽く耐震性が高い素材で表面に塗装ができるため、色合いが豊富です。
そして、屋根構造が単純なため修理が必要なときでも、安くすますことができます。

デメリットとして、塗装を施しているので、年月の経過とともに色あせや劣化が起こります。定期的なメンテナンスが必要であることと、耐久性と強度が低いので、台風や強風などで物が飛んできた場合、衝突箇所が割れる恐れがあります。定期的なメンテナンスを行うことで、30年から50年の耐久性を確保することができると言われています。

スレート屋根の雨漏り原因とは

スレートは、紫外線や温度の変化によって約10年から15年ほどで、色あせや劣化が起こる可能性があります。

風や振動が原因で、スレートにズレが生じたり板が浮いてしまうこともあります。また、重量が軽いため、吹き上げの強い風に弱く、材料が下から持ち上げられることで浮いてしまうのです。材料が浮いてしまうと、固定していたビス(ネジ)も一緒に浮いてしまい屋根と下地に隙間が生じてしまいます。この隙間に雨水が浸入して、結果的に室内への雨漏りを引き起こすのです。スレートは防水性が弱くなると、ヒビ割れを起こしやすい素材でもあります。

そして、スレートが水分を含んだまま急激に乾燥したり、あるいは凍結が起きることでヒビ割れが起きることもあります。

スレートの修繕方法と価格目安

屋根の状態や原因によって、修繕方法はさまざまですが、スレート屋根の主な修繕内容を紹介します。

下地を含む屋根全体の劣化が激しい場合には、屋根の葺き替え工事を行う方法があります。下地や防水など、屋根に関わる全ての材料を取り替えますので費用は高くなります。

屋根の下地には問題がないけれど、スレートの損傷が激しい場合には、カバー工法といって元々の屋根の上に新たなスレート屋根をかぶせて雨漏りを修繕する方法です。

その他、棟板金の劣化や破損が原因の雨漏りに対して行うのが、棟板金の交換です。スレートは比較的価格が安い屋根材料のため、部分交換であれば1万円~3万円で修繕が可能です。屋根の面積にもよりますが、屋根全体の総額でも、25万円~80万円の費用で修繕できる場合が多いようです。

小さなヒビ程度であれば、変性シリコン系のパテでコーキング補修をするだけで済むので、大掛かりな工事も不要です。

スレートは年月の経過とともに、どうしても劣化が生じる素材です。普段から、屋根の破損がないか劣化箇所がないか確認するためにも、定期的なメンテナンスが必要なのです。

施工事例

当社の最新の施工事例はブログで紹介しています。
是非ご覧ください。
ひまわり塗装のブログ

この記事を書いたプロ

藤之原和郎

藤之原和郎(ふじのはらかずお)

藤之原和郎プロのその他のコンテンツ

Share

藤之原和郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-72-0230

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤之原和郎

ひまわり塗装株式会社

担当藤之原和郎(ふじのはらかずお)

地図・アクセス

藤之原和郎プロのその他のコンテンツ