まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
阿黒利則

姫路市西部での住まい選びをトータルで任せられるプロ

阿黒利則(あぐろとしのり)

フォレスト株式会社

コラム

曽左小学校のウォークラリーのお願いに書写山に。

教育

2014年10月1日 / 2018年9月7日更新

毎年、11月にPTA主催でウォークラリーが行われます。
今年は11月1日に開催するのでそのお願いに登ってきました。

毎年と同じように書写山の事務所にお願いに行き、子供達が歩くコースを
クイズを考えながら歩きます。
と、そこに見慣れない光景が!
なんと神社仏閣の桧皮葺の屋根に使われるヒノキの皮を剥いてるではありませんか!
初めて見ました‼️
書写山は12年周期で剥きに来てるとか、
全国で専門の職人さんは20人程しか居ないとか、沢山お話ししました。
皮を剥いてから、一枚一枚丁寧に同じ厚みに揃えて規格の寸法に
揃えてやっと使えるのだそうです。





こんにちは。フォレストの阿黒です。

ふっと、不動産も同じだと思いました。
縁があり出逢ったお客さんと色々なことを話ししながら
考えをまとめて行く。
中には叶わない夢を見てる方もおられます。
その出っ張り?を相談しながら
削っていき、考えをまとめて行きます。
ヒノキの皮も色々な形をしていました。
それを綺麗に揃えて屋根の一部になり、30年以上社寺を
雨から守るのです。

私たちが担当するお客様も、契約を迎える頃には沢山知識が付いていて
綺麗な形に整っています(笑)
そして引渡し後生活が始まります。
ほんとここでも
ヒノキの皮の様に、出逢った頃とは別人の様に
なってますね(笑)
お客さんと共に 私達も毎回勉強し別人になってます^_^
ほんと素晴らしい仕事ですね。

この記事を書いたプロ

阿黒利則

阿黒利則(あぐろとしのり)

阿黒利則プロのその他のコンテンツ

Share

阿黒利則プロのその他のコンテンツ