マイベストプロ神戸
東美恵子

暮らしやすさをソフト面から提案する家づくりのプロ

東美恵子(ひがしみえこ) / 一級建築士

株式会社EAST-1

東美恵子プロのご紹介

暮らしを深堀りして思考を整理。インテリアや片付けを含む暮らしやすい家づくりをソフト面から提案(1/3)

株式会社 EAST-1 住まいるらぼマネージャーの東美恵子さん

一人ひとりの暮らしを丁寧に聞き出し、暮らし方にあった家を設計。建築現場の経験と人脈でもサポート

 新築またはリフォームで、キッチン横にパントリー(食品倉庫)を作りたい場合、ただ収納が多ければ良いわけではないそう。というのも「使いやすさは人によって異なるからです」と語るのは、株式会社 EAST-1 住まいるらぼマネージャーの東美恵子さん。「まずはお客さまがお持ちの食品や量、よく作る料理といった暮らしを深掘りし、思考を整理することがとても大事です。設計図はその後に落としていきます」

 確かによく使う缶詰順に取り出しやすい場所に置くことができれば使い勝手が良さそう。数まで把握していれば、無駄な空間も省けます。片付けもしやすく、心地よい空間になりそう。暮らしを深堀りし、思考を整理する大切さを実感しました。

 そのように、東さんは一人ひとりの暮らしを対話から丁寧に引き出し、ソフト面から暮らしやすい家を提案・設計するのが特徴。女性や主婦目線だけでなく、ライフオーガナイザーやインテリアコーディネーター等の資格、幼少から親しんでいる花やグリーンの知識なども随所に活かされています。

 「暮らしを聞けば、将来の準備もできます。たとえば、トイレに手すりを設置できるよう壁に下地を仕込んだり、将来置きたい家具に備えてコンセントの位置を決めたりなどですね」と東さん。家という箱から考えていく一般的な家づくりとは逆の発想にも目から鱗が落ちるようでした。

 「一人ひとりの暮らしを丁寧に拾い上げ、インテリアや家具、グリーン、片付けなどまで含む暮らしやすい家を、お客さまと一緒につくっていきたい」

 そう言って微笑む東さんは優しい雰囲気ですが、実は長年にわたり大手総合建設会社の施工管理者として、大規模な建築現場を多種多様の職人をまとめて次々に竣工してきたベテラン。大手住宅総合メーカーでは一級建築士としてマンションのフリープランを設計など、大手の現場で培った豊富な経験も強みです。建材がないなら職人に手作りしてもらうなど人脈も広く、総合的なプロデュース力でも家づくりをサポートしてくれます。

Share