マイベストプロ神戸
東美恵子

暮らしやすさをソフト面から提案する家づくりのプロ

東美恵子(ひがしみえこ) / 一級建築士

株式会社EAST-1

コラム

リフォームのセカンドのオピニオン

2020年1月12日 公開 / 2020年1月18日更新

テーマ:家づくり#暮し

コラムカテゴリ:住宅・建物

おしゃれにしたいのに、何を選んだらよいかわからない!

工事の着工が来週に迫っているというお客様。
すでにリフォーム屋さんと打合せをされて契約もしておられましたが
どうにもこのリフォーム屋さんでうまくいくの?
という不安で不安で眠れなくなられたそうです。

リフォーム屋さんから
クロスはどれにしますか?
床は何色にしますか?
キッチンの扉って開き戸?
洗面化粧台は私が思っているのと違う!
もうすぐ工事が始まるのに何も仕上が決まっていない。

自分の思い描くイメージがあるのに、何をどう選んだらよいのかわからない。
リーフォーム屋さんも私のイメージをわかってくれていないと思う。

そんなお客様がインテリアコーディネーター協会関西へお電話をくださいました。

来週から工事なのに今から相談?

さて、今はどんな状況なんだろう?
ちょっとドキドキ。
お伺いして、いろいろとお話しを聞くと
確かに、不安だろうなと思いました。
色々な事が決まっていないというのもあるし
私が選んだキッチンはどんな仕様?
私が選んだ洗面化粧台って写真といっしょ?
えっ?違うの?
お風呂ってサイズが変わってる?
今より狭くなるの??
トイレの水を一回流すと次にを流がせるようになるまで15分はかかるの。
えっ?原因はなに?便器を変えると解消されるの?
ショールームへは一度も行っていないので、自分が選んだ物がよくわからないの。
てな具合。
まじか!
他にもたくさんお客様が不安だと感じておられる点がありました。

正直、驚きました。

工事が決まっているようだったので、できる限り満足のいく形で進められるよう
仕上関係の整理、ご提案、決まっていない事、不安を解消していきました。
見積も拝見しました。
でもね。
何度か提出されている見積書の日付によって
数量や仕様は変わらないのに
なぜかクロスやクッションフロアの単価が変わっていました。

精神的に参ってしまい、アトピーがでてきました

結局、お客様が参ってしまわれ、
「工事は少し延期することにしました」
と連絡を頂きました。

私もホッとしました。
私が関わったのはわずか1週間ほどのことでしたが、、、

リフォーム屋さんとしてはお客様の要望を伺い、きちんと工事内容を整理して
見積書を提出して、合意して、契約して、工事に着手する。
すごく普通の事におもうけれど、
工事内容を整理して、、、仕上を全部決める。
と言う点。
内装の仕上がりイメージを事前にプレゼンテーションできなかった事が
今回、お客様に不信感をだかせるきっかけだったように感じます。
クロスはどれにしますか?
床はどれを張りますか?
ではなく、
プロからのトータルのアドバイスが欲しいお客様も多いはず。

後悔しないリフォームをするために

是非、 設計事務所 やインテリアコーディネーターにご相談ください。
相談するにはちょっとハードルが高いように感じるかも知れませんが
まずはデザイン料などのお値段を聞いてみるだけでもよいと思います。
ご自身で考えるだけよりも、きっと素敵な提案をしてくれると思います。

大きな流れはこうです!

①リフォームをしたいと思ったら、まずは設計事務所やインテリアコーディネーターを探す。
きっとあなたの想いをパースや図面にして想いを共有してくれると思います。
そして工事か完了するまでサポートしてくれると思いますよ。

こんなところで探すのもよいと思います。
大阪府建築士会が運営する住宅を設計する仲間達
インテリアコーディネーター協会関西
ライフオーガナイザー協会のレジデンシャルオーガナイザー

②プランがある程度固まったら工務店やリフォーム会社に見積をとる

③合意して契約→着工

リフォームは安いお金ではありません。
満足のゆく家づくりをサポートいたします。

この記事を書いたプロ

東美恵子

暮らしやすさをソフト面から提案する家づくりのプロ

東美恵子(株式会社EAST-1)

Share
関連するコラム