まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
金井克行

猫背を矯正し肩こり・腰痛を改善するプロ

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

コラム

8/7のかない学園の内容を公開します!

かない学園

2017年8月22日

夏に太るのは、栄養失調が原因!

あるアンケートによると、男性の2割、女性の3割が昨夏「太った」と回答しました。

この数は実に全体の平均で25.1%と、4人に1人の割合の人が夏太り!

夏痩せしたと答えた人よりも多かったという興味深い結果が出ました。



夏は暑くて食欲が落ちているので、自身ではあまり食べない気がするという方も多いのではないでしょうか。

実際に前述のアンケートで体重が増えたと答えた人の中で目立ったのは、

夏によく麺類とパン類を食べた頻度が高いという食事の内容。

さらに「アイスなど冷たいもの」「おにぎり」。これらが食事のメインになると心配事も出てきます。





暑いとしっかり食べる気持ちが弱まって、食べやすいもの・口当たりの良いもの・冷たいものなどに

頼ってしまいがちになります。

コンビニでおにぎり2個とお茶だけ、ベーカリーで菓子パン2個だけ、といった軽食的な食事になってしまう

という方が多い様子。



実はこれらは炭水化物をメインとしているのでカロリー(エネルギー)の元になりますが、

食事の献立としては栄養不足なんです。

特にパン類や麺類に関しては、口当たりの印象とは異なり脂質や糖質が多く、

カロリー自体はしっかり高いのに、その質としての栄養価は低めという残念な一面も。



たとえばご飯や麺などをカラダで使い切るにはビタミンB1が必要ですが、

穀類主体の食事では十分な量が摂れません。

パン類や揚げ物などに含まれる脂質をエネルギーとして使い切るのにはビタミンB2が必要なのですが、

やはりこのような、炭水化物単体食べる食事では足りないわけです。

夏に食べてしまいたがちな食事の内容は、

カロリーは足りているのに栄養失調を引き起こしているという状態です。



夏の栄養失調は夏ばて症状を引き起こし、更に食欲が低下。

体がダルくなりさらにきちんと食べられないという悪循環に。

結果として夏の終わりに体重が2kgアップ! というのはできれば避

この記事を書いたプロ

金井克行

金井克行(かないかつゆき)

金井克行プロのその他のコンテンツ

Share

金井克行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行

かない鍼灸接骨院

担当金井克行(かないかつゆき)

地図・アクセス

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+