まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
金井克行

猫背を矯正し肩こり・腰痛を改善するプロ

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

コラム

歩行を中心とした適度な運動 ―「歩く」ことの効果

美容・健康

2014年5月7日 / 2015年5月14日更新

皆さん、こんにちは!

ゴールデンウイーク中に、マラソンの練習で大阪城公園に走って行って来たのですが、

往路・復路の両方で、たくさんのウォーキングをしている人たちとすれ違いました。

深い自然の中でのウォーキングは大変気持ち良さそうでしたよ。

しかしふと気が付くと、歩いている人たちの中に、若い人たちは一組もいませんでした。

すべてが健康に注意をしている様な、年配の方々ばかりでした。

いかに若者は歩かないか・・・というか歩くのが嫌いなのでしょう。。。

不安を感じましたーこれだもの若い人たちの腰痛や肩こりが増えているはずです。

健康的な生活を送るために必要な3原則の中のひとつ

「歩行を中心とした適度な運動」の「歩く」ことの効果を改めて書きたいと思います。


1.頭痛・肩こり・腰痛に効果

頭痛・肩こり・腰痛など一般的に皆さんが苦しんでいる症状の引きがねには、
悪い姿勢、持続的な精神的緊張、物理的な負荷など色々とありますが、根本的には重力に逆らって、
体を起立させておくのに必要な筋肉「インナーマッスル」といわれる、
体の深い部分の背骨についている筋肉の筋力低下が最大の原因なのです。

この筋力が落ちることにより、重力に負けて体が傾き、
「首・肩・背中・腰」にかかる負担が、より大きくなるのです。
この筋肉を効果的に鍛えるには歩くことが一番です。
歩く時の体の動きは、腰を中心とした骨格のアライメント(軸)を矯正することにもなるのですよ。

2.生活習慣病の予防に効果!

日常生活でよく歩いている人達は、そうでない人たちに比べて、
高血圧、糖尿病、高脂血症、脳卒中さらに心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患になりにくい
という結果が、国内外でいくつも報告されています。
歩行のような低強度で長時間行える有酸素運動をすることにより、
脂肪や糖はエネルギーとなって燃焼し、栄養と酸素は身体の隅々まで届けられ、
心臓や肺の機能は活発になっていきます。

今、話題のメタボリックシンドロームを予防するには、歩くことが一番です!


3.ダイエットに効果

歩くことは有酸素運動ですので、体脂肪を効率よく燃焼していきます。
エネルギー消費量は移動した距離に比例します。距離1km、
体重1kgあたりのエネルギー消費量は、約0.5キロカロリーですので、
体重60kgの人が2kmの距離を歩行すると、
60(kg)×2(km)×0.5(kcal)=60キロカロリーの消費になります。
これを目安に歩行時間と食事量を考えると、ダイエットが効果的に進みます。
計算が簡単で、目安を取りやすいですね。


4.骨粗しょう症に効果

歩くことは、体幹や脚の筋肉が良く使われる上に、骨に荷重が加わり刺激されるので、
骨の形成が促進され、骨粗しょう症の予防・改善が見込まれます。
また屋外で太陽の光を浴びることにより、体内でビタミンDの合成が促進され、
カルシュウムの吸収力を高めます。
体のカルシュウムは20歳代までしか蓄えることができないのです。
その後は減る一方です。つまり若いうちからの貯金が必要になるというわけです。


 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

金井克行

金井克行(かないかつゆき)

金井克行プロのその他のコンテンツ

Share

金井克行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行

かない鍼灸接骨院

担当金井克行(かないかつゆき)

地図・アクセス

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+