まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
金井克行

猫背を矯正し肩こり・腰痛を改善するプロ

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

コラム

『腰部脊柱管狭窄症』

腰痛

2012年4月12日 / 2015年5月13日更新


こんにちは

かない鍼灸接骨院です

今回のテーマは

『腰部脊柱管狭窄症』

どのような病気か?

背骨を形成している椎骨は、おなか側にある椎体と、背中側にある椎弓でできています。

椎体と椎弓の間には椎間孔があり、椎骨が積み重なることで椎間孔が管状になります。

これを「脊柱管」といい、脊柱管には脊髄、馬尾神経、神経根が通っています。

この脊柱管がなんらかの理由で異常に狭くなり、神経を圧迫して痛みを起こすのが、

「脊柱管狭窄症」です。原因は、先天的なものと、脊椎すべり症、変形性腰椎症のほか、

動脈性閉塞のために、下肢の血行不全が原因の場合もあります。いずれにしても、高齢化

社会になり増えている病気です。


主な症状

腰痛や足の痛み、しびれが主な症状ですが、特徴的なのは、「間欠跛行」という独特の

歩き方です。これは、少し歩くと足が痛んだりしびれたりして歩けなくなるものの、

前かがみになって少し休んでいると、また歩けるようになるという状態です。

前かがみになると、脊柱管が広がるため楽になり、また歩けるようになるのです。

動脈性閉塞でも同じ症状が見られますが、こちらは血管の病気なので脊柱管狭窄症と違い、

前かがみの姿勢にならなくても、少し休めば歩けるようになります。馬尾神経が圧迫されて

いる場合には、残尿感や、排便、排尿障害が出ることもあります。


家庭、病院での治療法

病院では、エックス線検査やMRI検査などで脊柱管の状態を調べ、脊柱管狭窄症か、動脈性

閉塞のどちらが原因かを診断します。

脊柱管狭窄症と診断されると、薬物療法や神経ブロックで腰の痛みをとったり、血行を良く

して症状を改善していきます。また、平行してコルセットも着けます。通常は腰の位置を

正しく保つために着けますが、この場合は、少し腰が曲がった状態で固定します。

これらを続けても症状が改善されない、神経症状が強く歩けなくなる、排尿、排便障害が

あるときは手術をします。

手術では、狭くなった脊柱管の骨をけずって広げ、圧迫をとりのぞきます。


放送内容は当院のホームページにも載せてあります

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

金井克行

金井克行(かないかつゆき)

金井克行プロのその他のコンテンツ

Share

金井克行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行

かない鍼灸接骨院

担当金井克行(かないかつゆき)

地図・アクセス

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+