まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
金井克行

猫背を矯正し肩こり・腰痛を改善するプロ

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

コラム

LOH症候群に注意 1

メンタルケア&メンタルトレーニング

2010年12月4日 / 2015年5月13日更新


こんにちは、西宮、尼崎で

親切さナンバーワンの、鍼灸接骨院をめざす、

かない鍼灸接骨院の院長の 金井 克行です。


うつと間違えられることもある?

40代以降の男性は「LOH症候群」に注意しましょう

ちょっと聞きなれないかもしれませんが、「LOH症候群」は、

40代以降の男性に増える

「なぜだかわからないけれど元気が出ない」病気なのです。

性機能、認知機能など様々な身体機能が低下し、

うつ病、メタボリックシンドローム、骨折や生活習慣病リスクが高くなります。

男性の自殺率の高さとも関連の可能性あると考えられています。

ある44歳男性に起こった症状では、

不眠、抑うつ、肩凝り、激太り。睡眠薬や抗うつ剤を

処方されたが症状は改善しませんでした。

さらに、73歳男性に起こった症状では、

衰弱、筋肉痛、頭痛、激やせ。がんや脳血管障害が疑われ、

様々な検査を受けたが原因は分かりませんでした。

男性ホルモン「テストステロン」が低下することが原因

となるようです。

内臓脂肪が溜まる、脳の認知機能を司る海馬の神経シナプスの数が

減少することによって認知機能やストレスへの耐性が低下するようです。

東京在住の男性を対象にした調査では、

40~50代は、他の年代に比べてテストステロン量が少ないことがわかりました。

テストステロン低下は、加齢以外に強いストレスも関連すると考えられています。

LOH症候群およびその徴候がある40歳以上の男性では、

血液中の遊離型テストステロンが低下している場合、

男性ホルモン補充療法が受けられます。

前立腺がんのある人、多血症の人などは対象から除外されますので

気をつけましょう。

男性ホルモン低下を予防するには?

まず、軽い運動をする、活発に脳を使う、

玉ねぎやニンニク、ネギなど含硫アミノ酸を取る、

ストレスをなるべく溜めない、睡眠を十分に

取るなどが、よいようです。

私もとても人事では、ありません。


「最近、腰が痛いなあ」「首と肩が凝ってしかたない」

「スポーツ中に足首をねんざしたみたい…」

そんな時はぜひ「かない鍼灸接骨院」にお越しください!

国家資格を持ったスタッフが、親切ていねいに対応します。

プロの手で処置してもらえば、気分もスッキリ

「肩が軽くなった!」

「腰の痛みが消えた」

と驚く患者さんも。

あなたの症状に応じて、電気を使った治療器や、

体をバランスをとる治療器なども使っていきますが

もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。

できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

いっしょに健康で快適な毎日を取り戻しましょう。

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

金井克行

金井克行(かないかつゆき)

金井克行プロのその他のコンテンツ

Share

金井克行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行

かない鍼灸接骨院

担当金井克行(かないかつゆき)

地図・アクセス

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+