まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
金井克行

猫背を矯正し肩こり・腰痛を改善するプロ

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

コラム

筋肉の収縮をさせると活性化する血糖降下物質「AMPキナーゼ」

美容・健康

2010年6月25日 / 2015年5月12日更新



 高脂肪食生活を送ると、たった3日で糖尿病と同じレベルになってしまう実験前、MRIでふくらはぎの筋肉中の脂肪量をチェック1日平均2,200kcalの高脂肪食を3日続けると、脂肪量は糖尿病レベルに
筋肉を動かすと脂肪が消費されて血液中の糖が筋肉に運ばれる効果的なのは週1回、1時間の運動と放映したが、視聴者から「体を動かす趣味がない場合はどうすればいいか」と質問が寄せられた
健康な若者が有酸素運動の自転車こぎを3分間、1日10回行った翌日、高脂肪食を取った場合、血中中性脂肪の量は前日運動しなかったケースよりも下がった=運動後1日経っても筋肉に脂肪が溜まりにくい
ラットを使った実験では、筋肉細胞のAMPキナーゼが活性化し、糖を効率的にエネルギーに変えることができることがわかったAMPキナーゼはタンパク質の酵素。活性化すると、糖や脂肪をエネルギーに 変換したり、インスリンとは別に血液中の糖を取り込んだりするAMPキナーゼは軽い筋肉の刺激によっても活性化する運動の趣味がなくても、歩行や階段の上り下り、家事など「ちょこまか動き」を実践するとAMPキナーゼ活性化が期待できる
自分の周囲を見回しても、動作が軽くこまめに体を動かしている人は、スリムな体型を保っているなぁ~と感じます。きっと「AMPキナーゼ」が活性化しているのでしょうね。番組では、以前「1時間の運動で筋肉の脂肪が消費され、インスリンが血中の糖を運び出す効果が高まる」と放映しましたが、「運動の趣味がない人はどうすれば良いの?」という内容で新たに解説を加えました。
国内の研究によると、3分間の自転車こぎを1日10回行うと、運動後翌日になっても筋肉に脂肪が溜まりにくい状態がキープされたそうです。これは、筋肉の収縮活動によって酵素「AMPキナーゼ」が活性化されたから、と番組は解説。この酵素は血糖降下物質で、「インスリンの働きが悪くなっていても、血中の糖を減らしてくれる」ありがたい物質。自転車こぎを1日10回というのはハードでも、階段の上り下りや家事など筋肉を軽く収縮させる動きをこまめに行うとAMPキナーゼ活性化が期待できるそうです。階段の上り下りなど1回ごとにカウントして「10回のちょこまか動き」を目指そうと思います。

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

金井克行

金井克行(かないかつゆき)

金井克行プロのその他のコンテンツ

Share

金井克行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行

かない鍼灸接骨院

担当金井克行(かないかつゆき)

地図・アクセス

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
google-plus