まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
金井克行

猫背を矯正し肩こり・腰痛を改善するプロ

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

コラム

子宮内膜症、子宮頸癌…20~30代の女性に婦人科の病気が増えている

婦人科疾患&妊活

2010年6月25日 / 2015年5月12日更新



★重い生理痛が恒常的にある人は、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮体癌の疑いあ
 り
 →薬を飲んでも良くならない、仕事や家事などに支障が出るほどのものだっ
  たら直ちに検査を受けること
 →目安は、普段よりも生活の状態が「3割落ちている」と思うとき
★生理がダラダラ1週間以上続く、レバーの塊のような出血があるときは?
 →子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣機能不全などが考えられる
★おりものの形状も、病気のサインになる
 →緑色は、膣の自浄作用が低下している細菌性膣炎
 →泡だったようなおりものは、トリコモナス膣炎
 →茶褐色は、血が混じっている。子宮頸がんの疑いあり
 →カッテージチーズのようなポロポロとした白い塊状。カンジダ腟炎、頚管
  炎の疑い
★下腹部の違和感や、下腹が膨らんで来たなどの症状があるときは?
 →子宮筋腫、卵巣のう腫の疑いあり
★20代女性の癌の発症比率。1位は子宮頸癌、2位は乳癌、3位は卵巣癌
 →発癌性HPVの感染が原因に。癌に罹ってからの治療費は300万円前後になる
  が、検診で早期発見できれば治療費は約3万円。身体や経済的負担が大きく
  異なる

≫ 編 集 者 コ メ ント
20代から40代女性に増えている婦人科の病気がテーマでした。重い生理痛、長
引く生理、おりものの異常、下腹部の違和感など。自覚症状と、疑われる病気
について解説されました。ただし、自覚症状が見られると言うことは病気が進
行しているということ。その前に発見する「定期検診」が重要、と専門家は強
調しました。

後半で紹介されたのは、女性専用の人間ドック。年齢別にあわせて、子宮癌検
診やマンモグラフィー、ホルモン検査など女性ならではの体の状態をフォロー
したメニューが組まれているそうです。子宮頸癌で行う検査も、実際の器具を
見せながらわかりやすく解説されました。世界各国に比べて検診受診率が非常
に低い日本。このような番組が定期的に放映されることは有意義だと思います。

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

金井克行

金井克行(かないかつゆき)

関連するコラム

金井克行プロのその他のコンテンツ

Share

金井克行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行

かない鍼灸接骨院

担当金井克行(かないかつゆき)

地図・アクセス

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+