まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
金井克行

猫背を矯正し肩こり・腰痛を改善するプロ

金井克行(かないかつゆき)

かない鍼灸接骨院

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

コラム

DHAを毎日取ることは

美容・健康

2010年4月7日 / 2015年5月12日更新


DHAを毎日取ることは高齢者の認知能力向上に有効?
……………………………………………………………………………………………
3月30日(火)放映 NHK総合「ゆうどきネットワーク」
番組URL: http://www.nhk.or.jp/shutoken/yuudoki/

★サバやイワシなどの青魚を取ることは認知症予防に効果あり。高齢者が実験
 に参加した国内初の研究(島根大学医学部)
 →認知症患者の脳にDHAが不足しているという海外データに着目し、研究が行
  われた
★DHAは脳の活動に深く関わる。脳には神経細胞が張り巡らされ、DHAが多いと
 神経細胞の接合部分が活性化、情報が伝わりやすくなる
 →認知症患者の脳内のDHAは低下していると報告されている
★1年半前からスタートした実験。DHA1gを含む魚肉ソーセージを1日2本、65~
 90才の健康な高齢者108人のうち半数が食べ続けた
 →DHA1gを含む魚肉ソーセージを取った人は、外からの刺激を認識するテス
  ト、図形を模写するテストで改善が見られた
 →サンマ1匹にも約1gのDHAが含まれる。1日の摂取理想量は2g
★香川県内の総合病院では、5年前から入院患者の昼食と夕食に青魚を提供
 →脳の機能回復訓練と青魚摂取を合わせると、患者の治療期間が短くなるこ
  とを医療関係者は実感している
★4年前、認知症に罹り入院した80才男性。機能回復訓練と青魚の食事を取っ
 た。2カ月後、認知能力が小学校低学年レベルから大人のレベルに回復して退
 院した
 →ほぼ毎日、散歩や買い物に出かけるなど生き甲斐を取り戻す生活に
 
≫ 編 集 者 コ メ ント
サバやイワシ、サンマなどの青魚に含まれる脂肪酸「DHA」を実際に高齢者が取
り続けることによって認知機能が向上する、という国内初の研究結果が発表さ
れたそうです。通常、脳内にはDHAが多く存在し、脳の神経細胞の接合部分を活
性化していますが、認知症患者の脳内ではDHAの量が低下していると報告。そこ
で、108人の高齢者のうち半数がDHA1gに相当する魚肉ソーセージを1日2本摂取、
その結果、認知能力が向上したというものです。

香川県内の総合病院では、入院患者の食事に積極的に青魚を取り入れる試みを
行っており、脳の機能訓練に青魚摂取を加えることで「治療期間が短くなり症
状が大きく改善される手応えを感じている」という医療関係者のコメントも。
DHAの摂取理想量は2g。サンマを毎日2匹は難しそうなので、魚肉ソーセージな
どを上手に組み合わせると良さそうですね。
 
参考:中国新聞 医療・健康「「DHAで認知症予防」実証 島根大医学部のグ
ループ」
http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An201003010229.html

 ご相談・お問い合わせはコチラまで

      かない鍼灸接骨院
        http://かない.net

かない鍼灸接骨院 西宮院
     0798-41-3460

  かない鍼灸接骨院 尼崎院
    06-6499-2450
 
  かない鍼灸接骨院 三宮院
     078-272-5499

この記事を書いたプロ

金井克行

金井克行(かないかつゆき)

金井克行プロのその他のコンテンツ

Share

金井克行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0798-41-3460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金井克行

かない鍼灸接骨院

担当金井克行(かないかつゆき)

地図・アクセス

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+

金井克行のソーシャルメディア

google-plus
Google+