マイベストプロ神戸
  1. 他人のお墓のデザインを真似したらどうなるの?③特許権・意匠権の侵害があった場合にとりうる手段
能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(のじまたかし) / 商品企画

株式会社第一石材

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

コラム

他人のお墓のデザインを真似したらどうなるの?③特許権・意匠権の侵害があった場合にとりうる手段

2012年6月6日 公開 / 2014年8月1日更新

テーマ:お墓と法律

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

お墓のデザイン盗用

■他人のお墓のデザインを真似したらどうなるの?①特許権・意匠権の内容
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27666/
■他人のお墓のデザインを真似したらどうなるの?②特許権・意匠権の侵害がある場合とは…
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27690/

※上記のコラムからのつづきです


特許権侵害・意匠権侵害があった場合には、
どういった対応を取ることができるのでしょうか?

侵害行為があった際に取り得る手段は、
①損害賠償、②差止請求、③信用回復措置請求、の3つです。

損害賠償請求は、故意または過失により権利侵害した者に対して、
権利者が被った損害、つまり自らがその権利に基づいた石材製品を販売していれば
その分の利益を得られたわけですし、最低でもライセンス料を取得できたはずですから、
そうした損害について賠償するよう請求するものです。

特許法と意匠法では損害額を推定する規程を設けていますので、
損害額を証明しやすいということができます。

また、差止請求とは、その特許権や意匠権を侵害する者または
侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止または予防を請求することです。

その場合には、侵害行為を組成した物の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却、
その他侵害の予防に必要な行為を請求することができます。

つまり、権利侵害する石材そのものの廃棄やその石材を製作するにあたって
使用する型等の設備の除却を求めることができます。

さらに、信用回復措置請求として、裁判所は、故意または過失により、
権利者の業務上の信用を害した者に対して、
その信用を回復するのに必要な措置を命ずることができます。

例えば、謝罪広告等が考えられます。

いずれの請求も、裁判所の判決に従わない場合には強制執行をすることになります。



お墓というものは、一般の消費財と違い大切な方を祀る礼拝物です。

他家のお墓のデザインを真似てお墓をつくるという行為は、
特許権や意匠権の侵害にあたる範囲かどうかは別として、
誰が見ても明らかに「これはデザインの盗用」と見受けられるものは、
道徳的な観点から考えるといかがなものかと思います。

トラブルの要因となる行為はそこに祀られている故人のためにも避けたいものです。



※参考文献:「日本石材工業新聞」(日本石材工業新聞社発行)第1932号より引用



             ~つづく~



デザイナーズブランド墓石「カーサ メモリア」について詳しくはコチラまで
http://www.casa-memoria.com/


「オリジナルデザインのお墓」について詳しくはコチラまでhttp://www.daiichisekizai.com/design/cat_cat152/
神戸の「お墓のプロ」、(株)第一石材・能島孝志の神戸新聞取材記事はこちら!
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/
神戸・兵庫・阪神間の“いいお墓づくり”は「和型墓石」から「デザイン墓石」まで第一石材へ
http://www.daiichisekizai.com/



【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・関東地方
・中部地方
・北陸地方
・近畿地方
・中国・四国地方
・九州地方(沖縄、離島を除く)

この記事を書いたプロ

能島孝志

お墓のプロ

能島孝志(株式会社第一石材)

Share
関連するコラム

能島孝志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-75-6148

 

相談は全て無料!しつこい売り込みや電話営業は一切いたしません。安心してお問い合わせください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

能島孝志

株式会社第一石材

担当能島孝志(のじまたかし)

地図・アクセス

能島孝志のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2019-11-17
facebook
Facebook