まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
遠藤亜紀

「活かす片づけ」で暮らしと仕事を活性化させるプロ

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

お電話での
お問い合わせ
080-4026-1900

遠藤亜紀プロのご紹介

捨てるだけにとらわれない「活かす工夫」で暮らしやすさを形に(1/3)

遠藤亜紀 えんどうあき

「いつか使うかも」がOK?!住む人の理想に寄り添い考えます!

 「誤解を恐れずに言うと、私は『たかが収納』と思っています」というのは、神戸市の整理収納アドバイザー・遠藤亜紀さんです。「モノを収納することを片づけの目的と捉えがちですが、そうすると空きスペースに使わないモノを入れてしまう恐れも。モノは使うためにあるのですから、『使う・活かす』ことに目的のベクトルを合わせるべきです」

 ただし使わないモノの解決方法は、捨てることだけではないといいます。「サポートサービスやセミナーでは、活かすことも手段のひとつと考えてお話をしています」。そのため「いつか使うかも」と処分できないモノは、スペースが許す範囲なら保存もOK。「その言葉には活かす気持ちが垣間見えます。それがうまく活かせない場合、普段から活かすことが意識できていないか、保管システムが適切でないか」。原因を探りつつ、持っているだけのモノの活かし方を考えます。

 自宅セミナーでは「活かす収納」の工夫の数々に、毎回受講者の驚きの声が聞かれます。たとえば保存カテゴリーのネーミング。子どもの思い出の玩具は「いつかの孫ボックス」。頓挫した趣味の道具は「いつかのリタイアボックス」。適正量以上のモノも「二軍」として別保管しておくと、単身赴任などの絶好なタイミングで、活かせるチャンスが巡ってきますし、再び使うシーンをイメージしてカテゴリーを作ると、活かせる可能性が高まります。「いつか使う」が前提なら「活かす収納」というわけです。

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ

Share

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ