まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
遠藤亜紀

「活かす片づけ」で暮らしと仕事を活性化させるプロ

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

お電話での
お問い合わせ
080-4026-1900

遠藤亜紀プロのコラム一覧:片づけのコツ

セミナーを開催する際には、可能な限り事前アンケートをお願いし、寄せられた悩みごとや困りごとに対する答えを用意していきます。その方が、手がけた片付け実例などをお見せしながら、具体的なアドバイスができるからです。先日のセミナーの開催場所は幼稚園。子育て中のママさんに向けてのセ...

立て続けにセミナーを開催したときのこと。一つは中学校PTA集会でのセミナー、もうひとつはシニア向けのセミナー。内容の異なるセミナーで、質問は全く違うけれど、答えが一緒というご質問を受けました。その答えとは、「ここにあったら便利だと思うモノを収納しましょう」というもの。モノの収納場...

 真似ても片づかない理由  その2「熱量が違う」 SNSを見て美しい収納を真似るのは、それほど難しいことではありません。投稿には収納グッズの購入先まで明記してあることが多く、それは大抵、日本全国津々浦々どこにでもあるお店の商品です。たとえそうでないにしても、いまどきはネットで...

多くの人が利用している写真投稿サイト。キーワードで検索すれば、片づけの手本にしたい部屋や収納を簡単に見つけ出すことができます。ただ、それらを参考にしても部屋が片づかない、もしくは、一旦は片づいたものの維持できないという場合、残念ながらその方法があなたには合っていないのかもしれ...

収納の悩みは人それぞれ。暮らしぶりや考え方で悩みも大きく違ってきます。セミナーをする際は、可能な限り事前にお悩みを伺っておき、当日は事例とともに詳しくお話しするようにしています。中でも多く聞かれるのが、押し入れやクローゼットの悩み。「布団が入りきらない」「服が溢れている」...

 他人を変えるのではなく、自分が変わる 「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」とは、精神科医エリックバーンの言葉。その言葉通り、他者を自分の意のままに変えることはできません。ただ、自分が変わることにより他者に影響を与えることはできます。もちろん、「私がこう...

片づけなければ…と思っていても、やる気にならない、重い腰が上がらないという人は少なくありません。ただ単に片づけが嫌いなので避けて通っているだけなのかもしれませんし、料理や洗濯や育児など、しなければいけない他の仕事に追われ、片づけまで手が回らないのかもしれません。実際、ご飯を...

 片づけのスタート地点は一体どこ? 行き場のないモノが部屋中にあふれ、それらが堆積してできた山に囲まれる日々。片づけたい気持ちはあるが、どこから片づけていいのかわからない。そう途方に暮れ、気になりながらも現状のままやり過ごしている人は少なくありません。もし、片づけのス...

 あふれる服を解決する方法は「捨てる」だけじゃない タンスの肥やしになっている、全く着ていない服。高かったから、思い出があるから、まだ傷んでいないから捨てられない。そんな思いのある服は、シーズン中一度も袖を通されることなく、衣替えのたびに、クローゼットと衣装ケースを行った...

 片づけが終わらないジレンマ 突然ですが、あなたの周りにこのような人はいませんか。『いつも「片づけたい」「片づけなきゃ」と言っている。流行りの片づけ本を知ればそれを買い、収納特集の雑誌を見つければそのワザを真似てみる。おススメ収納雑貨があると聞けば迷わず手に入れ使って...

 多すぎる収納が暮らしにくさの原因になる? 辞書によると、収納とは「中に入れてしまっておくこと」。辞書にそう書かれている以上、その意味に間違いはありません。定義にのっとり、中に収めしまっておくことを目的に収納を考えると、限られたスペースをフルに活かして、なるべく多くのモノ...

 「取って」「置く」モノは【とっておき収納法】で活かす! 「いつか使うかも」と取っておいたモノが、時を経てようやく使える場面が訪れたのに、結局そのチャンスに活かせないまま終わってしまうことがあります。原因は、「持っていることを忘れていた」だけとは限りません。持っていること...

 「いつか使うかもの〈いつか〉は絶対来ない」というのは本当か 「いつか使うかもと取っておいても、その〈いつか〉は絶対に来ません。だから手放しましょう」という文言。多くの片づけ本に見られる決まり文句です。絶対と言い切る強い口調に、「そこまで言うならそうなのかもしれな...

 片づいた家を目指すのに、定位置はいちばん大切なキーワード 片づけに必要なことは、もちろんひとつではありません。使うモノと使わないモノを分けてみたり、動線を見極めてモノを配置してみたり、楽に取り出せるようにモノをまとめてみたり。いろいろなことに気をまわし、創意工夫を積...

 ダイニングテーブル上で起きている悩ましいモノの山 家の中には、片づけても片づけてもどういうわけかモノが滞っていく、吹き溜まりのような場所があります。それは、ダイニングテーブルの上やキッチンカウンターの上。かつては平地が広がっていたはずなのに、気がつけばそこに、なんと...

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ

Share

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ