まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
遠藤亜紀

「活かす片づけ」で暮らしと仕事を活性化させるプロ

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

お電話での
お問い合わせ
080-4026-1900

コラム

片付けのギモン②「キッチンの悩み。お弁当グッズの整理収納はどうしたらいい?コツが知りたい!」

片づけのコツ

2018年8月3日

セミナーを開催する際には、可能な限り事前アンケートをお願いし、寄せられた悩みごとや困りごとに対する答えを用意していきます。その方が、手がけた片付け実例などをお見せしながら、具体的なアドバイスができるからです。

先日のセミナーの開催場所は幼稚園。子育て中のママさんに向けてのセミナータイトルは、「解決!おうちの片づけで子育てをラクにする、下ごしらえ収納のススメ」です。子育てを楽にするための下準備の方法を、時間の整理、モノの整理、場所の整理の3つの観点からお話ししました。



「皆さん、お弁当グッズの収納に困っているみたいです」。代表者の方から、そうご相談をいただきました。おそらくお一人ずつお話を伺えば、それぞれ違った問題点が出てくるのでしょう。ですが、そこまでは具体的にお伺いできませんでした。

そこで、ひとつ思い当たる「やってしまいがちな間違い」をお話しすることにしました。その間違いとは「分け方」。お弁当グッズの分け方を間違えていることで、不便になってしまっている場合があります。

やってしまいがちなお弁当グッズの分け方-その1-


お弁当の小物にかかわらず、モノを整理するときにやりがちなのが「種類別に分けること」。それがお弁当グッズであれば、お弁当箱、カトラリー、カップ、ピックのように、それぞれ種類で分け収納します。



ですが、実はこうやって分けても、お弁当作りがラクになることはありません。なぜなら、それぞれのカテゴリーから、その日のお弁当作りで使うモノを集める手間が必要になるからです。

同じお弁当グッズであっても、普段使うモノはほぼ決まっています。また、一度に使う量も決まっています。であれば、それだけをひとまとめにして収納しておけば、あちこちから取り出す手間が省けます。



お弁当作りをラクにしようと思ったら、「種類別」に分けるのではなく「使用頻度別」に分けるのが正解です。

やってしまいがちなお弁当グッズの分け方-その2-


もうひとつは、細かく分けすぎるという間違い。それにより、かえって手間を増やしてしまっていることがあります。

たとえば、ピック。たくさんあるピックを色別に分け、細くて小さい仕切りにそれぞれ収納している例を見ることがあります。



ですが実際は、仕切られた受け皿にいちいち色を選別して戻すのは、かなり面倒。そのうえ、狭い仕切りに大人の太い指を入れ必要なピック1本を取り出すのは、想像以上に大変です。

実は、色という特徴があれば、ランダムに入っている多くの中からお目当てのモノを探し出すのは、それほど難しくありません。





収納したときの見た目がきれいというだけで、しまうのも取り出すのも大変になるような分け方なら、しない方がいいかもしれません。

詳しくはこちらをご覧ください。
SNSで見かける美しい収納を真似ても片づけられない、ふたつの

おうちの片づけで子育てをラクにする、下ごしらえ収納のススメ


ありがたいことに、受講後に「もっと聞きたい」というご意見が受講者のお母さま方から多数寄せられたとのこと。秋には、同じ幼稚園で続きのセミナーをさせていただくことになりました。

セミナーでは、「子どもが片づけない」「子どもの作品が散乱している」という片づけにまつわるお悩みから、「勉強しろといってもなかなかやらない」「リビングでテレビを観る家族が受験勉強のジャマをする」といった勉強に関するお悩み、はたまた「子どもに振り回されてばかり」「とにかく時間の余裕がない」といった暮らしに対するお悩みまで。それら全てを解決できる方法をお話しします。

どうしてそれがお話しできるのか。それは、私自身、問題が生じたり壁が立ちはだかったりするたびに、問題の原因を探り、その解決方法を考え、そして時間/モノ/場所の整理をすることで、一つひとつクリアーにしてきたからです。

実体験に基づいたセミナー、「解決!おうちの片づけで子育てをラクにする、下ごしらえ収納のススメ」。赤ちゃんから小学校に通われるお子さんをお持ちのママさん対象です。

詳しくはこちらをご覧ください!
片づけセミナーご案内

片づけが気になっているあなたへ


収納工房CozyStyle神戸のHPは、見るだけで楽しい情報盛りだくさんのサイトです!
いちど覗いてみませんか?
収納工房CozyStyle神戸のHPはこちらから

収納工房CozyStyle神戸は、「終活」より「生き活」!
これからを生きるための準備をお勧めしています。
50代からの「生き活プロジェクト」はこちらから

収納工房CozyStyle神戸は、「捨てる」前に「活かす」!
「もったいない」「いつか使うかも」の気持ちを大切にします。
「活かす片づけ」はこちらから

収納工房CozyStyle神戸の片づけは、「見た目スッキリ」だけで終わらせません。
「便利に勝る収納ワザなし」がモットーです!
「片づけサポートサービス」はこちらから

収納工房CozyStyle神戸のセミナーは、「工夫」と「アイデア」のてんこ盛り!
片づかない悩みを取り上げ、ひとつひとつ解決していきます。
「片づけセミナー」はこちらから

この記事を書いたプロ

遠藤亜紀

遠藤亜紀(えんどうあき)

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ

Share

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ