まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
遠藤亜紀

「活かす片づけ」で暮らしと仕事を活性化させるプロ

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

お電話での
お問い合わせ
080-4026-1900

コラム

SNSの美しい収納をそのまま真似ても片づけられない、ふたつの理由①

片づけのコツ

2018年4月4日 / 2018年6月30日更新

多くの人が利用している写真投稿サイト。キーワードで検索すれば、片づけの手本にしたい部屋や収納を簡単に見つけ出すことができます。ただ、それらを参考にしても部屋が片づかない、もしくは、一旦は片づいたものの維持できないという場合、残念ながらその方法があなたには合っていないのかもしれません。

理由はふたつあります。

そのまま真似ても片づかない理由  その1「目的が違う」



以前、片づけ途中の方からアドバイスが欲しいと頼まれ、家を訪ねたことがあります。その時片づけていたのは玄関。たくさんある靴を使用頻度で分け、頻度の低い靴に関しては、買ったときの箱に収め、玄関横の納戸にうまく並べていました。あとは、箱の側面に靴の特徴を書いた紙などを貼付し、蓋を開けなくても中身が分かるよう工夫すれば問題なさそう。100点に近い収納です。

ところが本人は、靴専用ケースを買って統一するべきか迷っていました。理由を尋ねると、「その方が見た目がきれいだから」。SNSの投稿から、揃いの市販のケースに入れられ整然と並べられている靴収納を見つけ、参考にしていました。

ですが、そこは納戸の中。他人の目に触れることはなく、見栄えを気にする必要のない場所です。もちろん、専用ケースに入れることで劇的に使いやすくなるのなら話は別ですが、同じ箱に入れることでかえって探しにくくなる可能性もあります。半透明の専用ケースはうっすら中身が見えるとはいえ、似たような色味が多い靴は、外から見ただけでは分かりにくいからです。

インスタグラムなどのSNSに公開するということは、普段の生活では人目に触れない場所でさえ多くの人の目に晒されるということ。ですから、美しく作る必要があります。当然ながら、どんなに使いやすくても見た目が美しくなければ、「インスタ映え」しないからです。つまり、SNSで家の隅々まで公開する人の場合、そうでない人とは収納づくりの目的がそもそも違うということです。

ですから、まずはご自身が理想とする暮らしを見極めましょう。誰にどこを覗かれても大丈夫なくらい隅々まできれいにしたいのか、それとも、見えない場所に関しては見栄えはともかく便利であればいいのか。自分が望む収納のカタチを確認するのです。

後者であれば、もちろん必要以上に見た目を整える必要はありません。「棚の中の調味料は、揃いの容器に詰め替えるべきか」、「引き出し内のカトラリーは、統一されたプラケースで仕切るべきか」。やみくもに真似るのではなく、まずは本当にそこを見栄えよく作り上げる必要があるのかどうか、考えてみてください。


もしかしたら、調味料はそれぞれ容器が違っていた方が、特徴的で分かりやすいかもしれませんし、仕切りは好きなサイズにカットできる空き箱や牛乳バックで作った方が、スペースを有効に使え、汚れたら捨てられるので掃除が楽かもしれません。




続きの記事
SNSの美しい収納をそのまま真似ても片づけられない、ふたつの

片づけが気になっているあなたへ



収納工房CozyStyle神戸は「活かす片づけ」で暮らしを活性化させます。
収納工房CozyStyle神戸 HPはこちらから

片づけサポートサービスをお考えの方はこちらから
(カウンセリング無料。お気軽にお問合せください)

大好評!各種セミナー お問合せはこちらから
(ご質問だけでも受け付けております。お気軽にお問合せください)

ブログ「イカす!工夫な暮らし」はこちらから

インスタグラム始めました

この記事を書いたプロ

遠藤亜紀

遠藤亜紀(えんどうあき)

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ

Share

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ