まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
遠藤亜紀

「活かす片づけ」で暮らしと仕事を活性化させるプロ

遠藤亜紀(えんどうあき)

収納工房CozyStyle神戸

お電話での
お問い合わせ
080-4026-1900

コラム

終活より生き活!実家の片付けは「親の暮らしを守るため」にしないといけない、その理由

シニア世代の片づけ

2015年10月19日 / 2018年5月30日更新



遺された家族のための片づけは本当に必要か


近年、巷で話題の「実家の片づけ」。TVや雑誌で特集が組まれ、専門書が本屋に並び、「親家片(おやかた)」という造語まで生まれました。親世代にとっても子ども世代にとっても、かなり身近で興味深い問題であるといえるでしょう。

ところで、一般的な実家の片づけは、どちらかというと遺された家族のためにするという傾向があります。たとえば、「親亡き後遺されたモノの片づけは大変なので、本人が生きているうちに片づけさせよう」という子ども世代に向けての発信であったり、「自分たちが亡くなったあとに遺された家族が困らぬよう、今のうちに身辺整理をするべき」という親世代に向けての終活アドバイスであったり。

私自身母亡き後の実家の片づけを経験し、その作業が身も心も疲弊させる大変なものであったことを知っているので、そのことが間違いであるとは思いません。しかしながら、最初から片づけの狙いをそこに定めることには違和感を覚えます。その片づけがもたらす効果は、どちらの世代にとってもプラスの効果だけではないように思えるからです。

実家の片づけはプラスにならない?


どういうことでしょうか。

例えば親世代にとって、それは生きるためではなく逝くための準備です。いくら「終活」と言葉を変えても、間違いなく最期を見据えての仕度なのです。もちろんそれも大切な準備ではあるのですが、本人が積極的に取りかかろうとしていない場合、それを他から勧められることは、本人の生きる気力を奪いかねない危険があると心得るべきです。

また、子供世代にとってはどうでしょうか。「あの時無理にでも片づけさせておいてよかった」と、親亡き後の実家を見て胸をなで下ろせるかというと、むしろ逆に、片づけさせたことに対する自責の念や後悔が先に立ってしまうような気がしてなりません。

狙うのは、いつまでも住みなれた自宅で暮らすことのできる片づけ


では、子どもが親の家を片づけることはいけないことでしょうか。もちろん、そんなことは決してありません。モノに埋もれた暮らしにくい生活はさまざまな問題を引き起こす要因となりますから、そこを解消する片づけは必要です。

そこで、まずは目的をそこにもってくることをお勧めします。つまり、本人がこの先もずっと自宅で暮らせることに狙いを定めるのです。逝くためではなく「これから先を生きるため」に、親亡き後という未来ではなく「今現在の親の暮らしため」に、遺された家族ではなく「本人のため」に。



自活が可能なだけの身体能力がありながら、住環境が整っていないことで暮らしが立ち行かなくなり、生活支援を施設入居やヘルパーなどに求める例は少なくありません。自分のことが自分でできなくなるという現実は、その人の気力や自尊心を損なわせ、老いへのスピードを加速させます。だからこそ住環境を整え、自分の身の回りのことが自分の力でできる暮らしを実現させることが大切なのです。

まずは、今を生きるために片づける。その目的で片づけてこそ、多くのプラスの効果が暮らしに生み出されます。その先の片づけは、そこが整ってからでも遅くはありません。




片づけが気になっているあなたへ



収納工房CozyStyle神戸のHPは、見るだけで楽しい情報盛りだくさんのサイトです!
いちど覗いてみませんか?
収納工房CozyStyle神戸のHPはこちらから

収納工房CozyStyle神戸は、「終活」より「生き活」!
これからを生きるための準備をお勧めしています。
50代からの「生き活プロジェクト」はこちらから

収納工房CozyStyle神戸は、「捨てる」前に「活かす」!
「もったいない」「いつか使うかも」の気持ちを大切にします。
「活かす片づけ」はこちらから

収納工房CozyStyle神戸の片づけは、「見た目スッキリ」だけで終わらせません。
「便利に勝る収納ワザなし」がモットーです!
「片づけサポートサービス」はこちらから

収納工房CozyStyle神戸のセミナーは、「工夫」と「アイデア」のてんこ盛り!
片づかない悩みを取り上げ、ひとつひとつ解決していきます。
「片づけセミナー」はこちらから

この記事を書いたプロ

遠藤亜紀

遠藤亜紀(えんどうあき)

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ

Share

遠藤亜紀プロのその他のコンテンツ