マイベストプロ神戸
西田勇

機械加工を自動化するCAMソフトウェアのプロ

西田勇(にしだいさむ) / CAMソフトウェア開発・販売

BESTOWS株式会社

コラム

凸形状の等高線加工の対象領域を自動で取得する機能(CAM)

2020年1月17日

テーマ:機械加工・CAMソフトウェア

コラムカテゴリ:ビジネス

弊社のマシニング用CAMソフトウェアであるBESTOWSMillingの機能についてご紹介します.

加工したい製品のSTLモデルを入力するだけで,凸形の等高線加工の加工するエッジを自動で抽出して,NCプログラムを自動で生成することができます.

加工したいエッジをわざわざクリックして選択することなく,お手軽にNCプログラムを生成することができます.




私の持論としては,人は2次元までしかきちんと認識できないので,人に3次元のモデルに対して作業をさせてはいけないと常に思ってソフトウェアを開発しています.

さらにこんなのもできます.

凸形状が複数あるとその領域を選択するのは結構大変ですよね.
弊社CAMではそこを自動化できます.
また,工具径が大きくて,他の領域との干渉がある場合にも自動で干渉回避します.

この記事を書いたプロ

西田勇

機械加工を自動化するCAMソフトウェアのプロ

西田勇(BESTOWS株式会社)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

西田勇プロのコンテンツ