まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
澤木久美子

「省エネルギーな住まい」を提案する建築設計のプロ

澤木久美子(さわきくみこ)

アトリエ空一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
078-858-5670

澤木久美子プロのコラム一覧:日々省エネ

 「えecoと、どっち?」(ええこと、どっち?ですって) 省エネのお話をするときに、「まずはお宅のエネルギー消費が多いのか少ないのか、それとも標準的なのかを把握しましょう」とお伝えし、過去1年分の電気やガスの使用量をお聞きします。丁寧に記録されている方、“使用量のお...

冬にしては比較的暖かい午後となったこの日、それでも薪ストーブを少し焚きながら、エネルギーのお話をさせていただきました。"エネルギー"という言葉から堅いお話と敬遠されてしまうかもしれませんが実は日々の生活にとても身近なお話です。私からの話のあと、参加いただいたご夫婦のご主人...

 マンション(集合住宅)でできる断熱の工夫のお話です マンションなどでは所有、賃貸にかかわらず、工事するには制限がありますね。窓のサッシや玄関ドアの取替えはできませんし、外壁を触ることもできません。大規模改修を機にサッシを断熱性能の良いものに取り替える例もありますが、費用...

 オイルヒーター、使いますか? この頃、オイルヒーターのCMをよく見るようになりました。心配です・・・。困りました・・・。実は私も10年ほど前から2年間ほど使っていましたが、その後はオクラ入り。2年前に処分しました。乾燥しないし、安全だし、スイッチひとつでタイマー運転もできる...

 エネファームって、どう? わかりませんでした。実際に使われている方が身近にいない・・・ガス会社の説明だけでは、実際のところがどうも良くわからない・・・とても単純に疑問に思い、たまたまご縁があって勧められ、思い切って自宅で使ってみることにしました。正直なところ、未だに...

 電気が得意なこと、ガスが得意なこと 住宅で使うエネルギー源を電気にするか、ガスにするか、という問題は、要するにオール電化にするかどうか、という話になりますね。では、改めてそれぞれの特徴を考えてみましょうか・・・言うまでもなく、電気はすべてをまかなうことができます(だから...

 給湯に使うエネルギーは約3割 家庭で消費するエネルギーの内、給湯に使うエネルギーは全体の約3割にもなります。だから、給湯に使うエネルギーを減らすことは、大きな省エネの効果を生み出します。給湯に使う設備として、ガスの場合は「エコジョーズ」が一番手軽で、賢い設備です。これは、...

 電気なのか、ガスなのか・・・何がいいのかわからへん 友人から「何やら発電機能のある設備の売り込み電話があったけど・・・」と電話がありました。「なんやら色々ありすぎて、電気やら、ガスやら、発電やら・・・何がいいのかわからへんわぁ」と。確かに。ガスのエコジョーズ、エコウィ...

 住宅の消費エネルギーを半分にしよう! 1985秋の大集会 神戸にて開催です3.11以降、地道に活動を続けています。家庭の消費エネルギーは、未だに増える一方です。無理をせず、快適に暮らしながら、消費エネルギーを半分に抑えるために、何をすればいいのか。工務店や設計事務所の有志た...

暑い夏が続きます。みなさん、それぞれのご家庭で省エネを意識していらっしゃることと思いますが、一生懸命努力してもその結果が見えてこないと、寂しくないですか?「我が家は本当に省エネできてるのかしら?」を平均的な家庭と比較して知ることができるので、今日はその方法をご紹介します。...

「外付けブランド」の何が良いのか・・・その2、です。その1でお伝えしましたように、主な利点は「日射を遮って、風が通る」、そして「目隠しにもなる」ということでしたが、私が使ってみて気づいたことは「雨の日にも有効!」という点です。軒や庇がなかったり出幅が小さかったりすると、少し...

「外付けブラインド」ってご存知ですか?夏の省エネに有効な、とってもオススメなアイテムです。夏は外で日射を遮ることが大切!と以前書きました。そこでおすすめしたいのが、「外付けブラインド」です。私自身が使ってみて本当に良かったと思っているものなので、自信を持っておすすめします...

急に暑くなってきましたね。あっという間に梅雨が明けて、本格的な夏到来の様子です。節電、省エネがますます気になる季節ですが、1家庭の年間消費エネルギーの内、冷房に使われるエネルギーの占める割合をご存知ですか?地域によって多少の差はありますが、実は2%程度なのです。だからと...

 風を通す時間帯は早朝か夜にして・・・ 闇雲に「自然の力で夏を乗り切る!」と気合を入れすぎて夏の暑い時間帯に窓を開けたら、逆効果です。夏の外の気温は30度を上回る日が続きますね。その気温の風を取り入れてしまうと、室温が上がって室内に溜め込んでしまいます。溜め込む=床や壁や...

 「室内の温度を上げない工夫」は”外側で”が大前提です! 外側で日射を遮るために、お宅にすでに備わっている“宝”はありませんか?あるとすれば、それは「雨戸」のことです。窓の外側に取り付けられた雨戸。これは日射遮蔽には最適です!朝日や夕日が当たる部屋、昼間日射が当たる部屋では...

澤木久美子プロのその他のコンテンツ

Share

澤木久美子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

澤木久美子プロのその他のコンテンツ