まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
澤木久美子

「省エネルギーな住まい」を提案する建築設計のプロ

澤木久美子(さわきくみこ)

アトリエ空一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
078-858-5670

コラム

健康のために、サプリメントより断熱を!

リフォームを考える

2013年11月24日 / 2014年8月1日更新

交通事故より多い浴室内死亡者数!

寒い時期、ヒートショックが心配、というお話を以前書かせていただきました。
今や交通事故死より多くなっているのです。
「断熱リフォーム」してみませんか?

健康のために、と運動をしたりサプリメントを飲んだり、
気づいたら結構お金を使っていることもありますよね。
でも、せっかく健康を気遣っているつもりでも案外肝心なところを忘れていませんか?

お宅の室内温度は心地よい温度を保てていますか?
寒いのを我慢して省エネしても、健康を損ねたのでは元も子もありません。
風邪をひく、肩がこる、ゆっくり眠れない、等々
年齢や疲れのせいだけではなく、寒さのストレスが原因になっているかもしれません。

リフォームで断熱性能を上げることは十分可能です。
完璧にするためには、それなりに費用は必要です。
もちろん、住まい全体を断熱改修できたら一番良いのですが、
もし抑えた費用で検討するのでしたら、優先順位1位は”窓”です。
費用対効果がバツグンです。
住まいの全体で逃げていく暖気のうち、窓からが約半分と言われているのですから
窓を放っておく手はありません。

次に手をつけ易いのは屋根や天井の断熱です。
ここをしっかり押さえれば、上に逃げていく暖気が逃げにくくなり
夏場の暑さ対策にもなります。
さらに床下の断熱をしっかりすれば、底冷えが軽減できます。

壁の断熱改修は影響範囲が多くて、一番費用がかかってしまいます。
また、大きなお宅の場合は、普段の生活の場だけを区切って断熱する、
という考え方が合理的かと思います。
無駄なく効果的にリフォームするためには、現状をよく調べた上で
費用対効果をシミュレーションすることも可能です。

セルロースファイバーで断熱


この記事を書いたプロ

澤木久美子

澤木久美子(さわきくみこ)

澤木久美子プロのその他のコンテンツ

Share

澤木久美子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

澤木久美子プロのその他のコンテンツ