まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
田崎寛子

脳トレ・そろばん指導のプロ

田崎寛子(たざきひろこ)

脳トレスクール「アバカス速算」

田崎寛子プロのご紹介

集中力や記憶力を磨いて基礎能力の向上や脳の活性化を目指すそろばん教室(1/3)

脳トレスクール「アバカス速算」の田崎寛子さん

就学前の幼児からシニアまで、幅広い年代が通えるスクール

 JR明石駅から歩いて約7分、山陽人丸前駅からは約4分とアクセスの良い場所にある、全国珠算連盟認定教場「脳トレスクール『アバカス速算』」。ここは、子どもからシニアまでを対象にしたそろばん教室です。
 「そろばんを学ぶことで計算力はもちろん、集中力や記憶力を高めることができます。そして、コツコツと努力を積み重ねることで根気強さや忍耐力が鍛えられます。また、さまざまな級や段の取得にチャレンジする中で前向きな精神力も備わってきます。子どもたちは学習に必要な基礎能力の開発を、大人や高齢者は脳の活性化や認知症予防などを目的に、就学前の小さいお子さんを中心に、30代・40代の社会人、70代と幅広い年代の方がお見えになっています」と話すのは主宰者の田崎寛子さん。
 ほかに、自分で考えて取り組むことで創造力や自発性が引き出されるほか、判断力・分析力が養われ、多くの情報を迅速に処理する力も身につけることができるといいます。

 3、4歳くらいの幼児の場合は、指を使って「2+4」など簡単な足し算ができる▽数字を読んで書くことができる―これらができるようになってからスタートするのがいいそう。
 「本人が興味を持つことが一番です。無理にやらせて数字嫌い、算数嫌いになってしまっては困りますものね。幼少期は個人差が大きいので、お母さんたちも焦らず必死になりすぎず、ゆったりと構えていいと思います。スクールへ入ったころはキョロキョロと周りを見回し、ぐずって泣いていた幼稚園の子も、1年ほど通っていると落ち着きが出てきました。がんばりやさんで、小学2年生のときには暗算で3段を取りましたよ」

田崎寛子プロのその他のコンテンツ

Share

田崎寛子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-22
facebook
Facebook