まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
田崎寛子

脳トレ・そろばん指導のプロ

田崎寛子(たざきひろこ)

脳トレスクール「アバカス速算」

コラム

年齢別、そろばん学習の効果 小学校入学~小学1・2年生位

そろばん効果?

2016年6月26日

小学1~2・3年生位のお子さんは、数の理解や学習習慣をつけ・集中力・忍耐力等を高めるのに適しています。
未就園児や幼稚園児では、まだまだ遊びが中心です。
じっとほかの異年齢の生徒と一緒に、学習というには早すぎるお子さんが多く、小学校へ入学すると、そろそろ勉強習慣をつけさせたいとお考えのご家庭が増えてきます。
とは言え、学習塾などではまだ早すぎるのではないか、勉強よりももっと先にするべきことがあるのではないかと、「そろばん教室」を考えられ、お問い合わせをいただくことが多くあります。
お子さん自身も、学校にも慣れ、お友達もでき、そろそろ勉強のことも気になる時期でもあります。
個人差はありますが、この頃は数の理解もでき、掛け算の九九なども覚え、そろばん学習を始めるのにも適しています。
最近は能力開発として、まずは“そろばん”で基本的能力をさせてから学習塾へという傾向が増えているようです。
計算力だけでなく集中力・忍耐力・注意力・記憶力・情報処理能力・判断力・創造力・・・など、何をするにもこれらの能力がなければ、よい成果が出ないばかりでなく多大な努力を要することになります。
しつけは“つ”のつく歳までにと言われるのと同じで、脳も頭が柔らかいうちに鍛えましょう。

この記事を書いたプロ

田崎寛子

田崎寛子(たざきひろこ)

田崎寛子プロのその他のコンテンツ

Share

田崎寛子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-21
facebook
Facebook