まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
田崎寛子

脳トレ・そろばん指導のプロ

田崎寛子(たざきひろこ)

脳トレスクール「アバカス速算」

コラム

そろばんで得られる効果★情報処理能力の速さ・正確さ

そろばん効果?

2016年4月27日

そろばんをしていると、仕事が正確で早いと言われます。
これは、日頃から自分でも実感しています。

日々の練習で、見取算では上から下へ、乗算・除算、伝票算では左から右に、10ケタ以上の数字を、
制限時間内に正確に計算していくので、嫌でも、仕事の効率化に効果が出ているわけです。

これが、情報処理能力の速さということです。

普段、大きな桁を計算することはあまりありませんが、納品書・請求書などの確認をする場合でも、一つ一つ確認しなくても、瞬時に確認ができます。

最近、速読教室が増えているようですが、そろばんの練習で、大きな数字を絶えず見ているので、速読教室に通わなくても、本などを読むのが、自然と早くなります。

それには、上級・段位まで続けてこそ実感できます。

そろばんは、ただ計算して検定試験に合格するだけではありません。
でも、子供の頃はそんなこと考えたこともなかったです。         





17桁ワンタッチそろばんでも段位検定試験の問題は十分できます。
もっと桁が長いとだめだと思われる方の方が多いようですが、いろいろと計算を省略する方法があるので、かえって長いそろばんは邪魔になります。

最終的には、ワンタッチボタンの必要もなくなります。

究極は、頭の中のそろばんで計算ができるようになります。

そろばん、特に珠算式暗算ができると、勉強はもちろん日常生活にも役に立ち、本当に便利ですよ。

この記事を書いたプロ

田崎寛子

田崎寛子(たざきひろこ)

田崎寛子プロのその他のコンテンツ

Share

田崎寛子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-19
facebook
Facebook