まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
田崎寛子

脳トレ・そろばん指導のプロ

田崎寛子(たざきひろこ)

脳トレスクール「アバカス速算」

コラム

10年のブランク。

その他

2015年3月8日

そろばんの指導に10年のブランクがあります。

自分の子供が、2歳と4歳の時に実家の母が突然脳梗塞になり植物状態になって入院してしまいました。
それまでは、子供を母に見てもらって教室をしていましたが、急に入院し預けるところがなくなりました。
何とか来ていただいている生徒たちを続けさせたかったのですが、周りにそろばんのできる身内や友人もいず、いても子供が小さかったりで任せられる人もいませんでした。
保育園も今のように、延長保育などもなく、2歳と4歳の保育料と収入のバランスを考えると、預けてまで続けても採算が合わないので、仕方なく教室を閉鎖しました。
今のお母さん方は、延長保育など働きやすい環境が整っていて、イクメンなどという、有難い御主人に見守られ、羨ましい限りです。

この時の教室が、初めて自分の名前で開校した教室です。
それまでは、有段者だということで、人から頼まれて教えるということがほとんどでした。
明石、加古川などを中心に、短期間の指導がほとんどです。
10年のブランクの間はほぼ専業主婦で、時々、頼まれて編物を教えたり、作ったりしていました。
また、この間に、ペン習字や筆ペン、書道を習っていました。
誉め上手な先生のお陰で唯一続いた通学のお稽古です。
それ以外は、ほとんどが独学か通信教育による資格取得です。
その先生のお陰で、悪筆も少しはましになり、資格も取得しました。
思いもかけず、アシスタントもさせていただき、教室開設も勧められたのですが、教えるなら、そろばんの方がしたいと思い、今に至ります。

こういう事がないように、教師資格取得制度のある全国珠算連盟に加盟したわけですが、資格を取りたいと言う方には今だに巡り会えていません。

最近、大人でそろばんを頑張られている方がたくさんいらっしゃいます。
このブランクの間に、もっとそろばんの腕を磨いておけばよかったと思います。

そろばんの先生になりたい方、募集中です。
一緒にそろばんの指導を通じて、子供たちの成長を見守りませんか?

この記事を書いたプロ

田崎寛子

田崎寛子(たざきひろこ)

田崎寛子プロのその他のコンテンツ

Share

田崎寛子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-23
facebook
Facebook