まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
田崎寛子

脳トレ・そろばん指導のプロ

田崎寛子(たざきひろこ)

脳トレスクール「アバカス速算」

コラム

MYそろばんのご紹介

その他

2015年1月15日 / 2015年1月17日更新

今までに私が使ったそろばんの紹介をします。



兄のお下がりの27ケタ、かば玉です。
小学校でまとめて注文したようです。
裏に名前が書かれています。
兄が、いたずらで左端にマジックを塗っています。


27ケタ、つげ玉です。
ケースは、最初はきれいな紫色でした。
ケースの中に“山本算盤店と書かれています。
東京の浅草、雷門の近くにあります。
東京で全国大会があった時に買ったような記憶があります。
これで、1級か何段かまで合格したと思います。



23ケタ、ワンタッチそろばんです。
高校で競技クラスに入部させられたので、2年生くらいの時に部員全員が買ったように思います。
誰かに踏まれて、折れているのでセロテープを貼っています。
でも、これで7段まで合格しています。
ケースは、ボロボロになったので買い換えて綺麗です。

どのそろばんも、私が使い、子供二人が使ったので、貼ってある合格シールがはがれかかって汚いです。



自宅で時々使っていたそろばんですが、忘れ物をした生徒用に教室においています。






研修の時に、普通のそろばんは大きく荷物になるので、ミニワンタッチそろばんを買いました。

段まで取得していると、さぞ高級なそろばんを使っているかと思われますが、私のはせいぜい5000円くらいの物しか持っていません。

桁も27ケタくらいないとダメだと思われている方も多いようですが、段になると省略できる部分が多いので、読上算以外それほど桁数は必要ありません。

昔、100万円のそろばんがあると聞いたことがありますが、どんなものか見てみたいですね。

この記事を書いたプロ

田崎寛子

田崎寛子(たざきひろこ)

田崎寛子プロのその他のコンテンツ

Share

田崎寛子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-22
facebook
Facebook