まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
田崎寛子

脳トレ・そろばん指導のプロ

田崎寛子(たざきひろこ)

脳トレスクール「アバカス速算」

コラム

「そろばん、面白い?」「うん、おもしろい!」

子供の能力開発

2014年9月6日

K君、習いはじめて、まだ2ヶ月です。
小2で入学です。
幼児から始める場合、ほとんどが保護者の方の考えで習わせる場合が多いですが、K君は自分から「習いたい」と言って始めたそうです。
練習に対する態度が、他の生徒とは違います。
真剣そのもの!
凄い集中力です。
初心者に宿題を出すと、間違った方法や筆算で計算した答えを書いてくる場合が多いので、宿題は出していないのですが、K君の場合は正確に覚えられていて、自分から「家でしてもいい?」と聞くので、「習ったところならしていいよ」と言うと、一生懸命に家で練習をしたようすです。
今は、九九も覚えているので、9級の練習をしています。
「家でしていい?」と楽しくて仕方ない様子です。
きっとすぐに検定試験を受けられるでしょう。

「アバカス速算」では強制的な宿題は出していません。
K君のように自発的に練習をするようになる事が一番理想的ですね。

習い始める時期は、個人差があるので早くて効果がある場合もあれば、遅くても効果がある場合もあります。
習わせたいと思っても、じっと座っていられない、全く興味がないという場合は、半年、一年経ってから体験学習に来られた方がいいでしょう。

H君、年長の時に体験に来られましたが、その時は入学せずに、夏休みの短期教室から引き続き入学してくれました。
体験の時は、落ち着きがなかったのですが、小2になった今は、集中して練習に取り組めるようになっています。

ご自分のお子さんが入学適齢期に来ているか、よく考えてから体験学習を受けましょう!

この記事を書いたプロ

田崎寛子

田崎寛子(たざきひろこ)

田崎寛子プロのその他のコンテンツ

Share

田崎寛子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-25
facebook
Facebook