まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
田崎寛子

脳トレ・そろばん指導のプロ

田崎寛子(たざきひろこ)

脳トレスクール「アバカス速算」

コラム

一生の財産、珠算式暗算をマスターしよう!

その他

2014年9月4日 / 2014年9月14日更新

珠算式暗算に勝る計算機はありません!

筆算は紙と鉛筆が必要です。
電卓も電卓なしではできません。
 電卓のできる人はそろばんも上手な人が多いです。
究極の計算は、珠算式暗算です。
 何の道具も必要としません。

そろばんができても、珠算式暗算ができない人は大勢います。
私もそうでした。
私の子供の頃は、フラッシュ暗算もなく、暗算を教えてもらわなかったのか、教えてくれていた先生自身が、暗算ができなかったのか(今の時代でも、結構います。教えない教室もあります。)その辺のことは分かりませんが、5段の時でも1ケタの暗算もできませんでした。
段を持っていて暗算ができないと言うことは、とても恥ずかしいんです。
必ず聞かれます。「暗算、すごく出来るんでしょう?」と。
これがイヤで、イヤで!
椅子に座って足がぶらぶらするような子供がどうして暗算がスラスラできるのか不思議で、手品?魔法?と真剣に思っていたほどです。
 
5段にもなると、さすがに算数や数学で困るということはないのですが、やはり暗算ができないことは、情けないです!

1ケタから練習し、読上暗算の大会で優勝できる程になりました。
 そろばんの基本の指使いがわかっているので、マスターするのはそう難しいことではありませんでした。
自分もそうでしたが、できないと言う人は、最初からできないと決めつけて、しようとしない人が多いですね。

おつりの計算・割勘の計算・料理・編み物・時間の計算・ポイント・抽選など日常生活で結構計算が必要になることがありますが、いちいち電卓~・メモ~・鉛筆~などと探している間に、さっさと計算できると、日授生活でも大いに役に立ちますよ。

やっていて良かった、珠算式暗算!
できると便利、珠算式暗算!

この記事を書いたプロ

田崎寛子

田崎寛子(たざきひろこ)

田崎寛子プロのその他のコンテンツ

Share