まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
田崎寛子

脳トレ・そろばん指導のプロ

田崎寛子(たざきひろこ)

脳トレスクール「アバカス速算」

コラム

そろばん効果?その③ 手帳が必要ない!?

そろばん効果?

2014年5月26日 / 2014年7月1日更新

そろばんをしていた成果かなと思うことの一つに、手帳を持つ必要がありません。
頭の中に、カレンダーが浮かぶので予定表などを書く必要がありません。
横に1週間・縦に4~5週分の1か月のカレンダーと、縦に日にちごとのカレンダーの2種類が浮かびます。
特に縦長のカレンダーは、見取算をする要領で上から下に見ていくように見えます。
暗記は全くしていません。
毎年初めに粗品などでもらった手帳に書き始めるのですが2週間と続いたことがありません。
でも、大事なことを忘れたということは皆無と言ってよいほどありません。
忘れるとすれば、あまり重要でないことや、気が進まないこと等です。
それと同じで、学校でも授業中にノートを提出しなければならない先生のノート以外は、書いたことがありませんがそれほど悪い点は取ったことはありません。
大事そうなところだけ、教科書に少し書き込むくらいです。
ノートを書くことに気を取られていると、大事なことを聞きのがすことってよくありますよね。
授業中に、ソロバンで鍛えた集中力で100%先生の話をひとつ残らず聞き取り、吸収すればそこそこの成績は取れるものですよ。
これは、珠算式暗算の頭にそろばんの玉を思い浮かべて計算する、イメージトレーニングの効果があるのではないかなと自分では思っています。

この記事を書いたプロ

田崎寛子

田崎寛子(たざきひろこ)

田崎寛子プロのその他のコンテンツ

Share