まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
米田創

その人にあった寝具で快眠へと導くプロ

米田創(よねたはじめ)

眠りを知る店 ふとんのヨネタ

コラム

不眠を寝室環境から考える②

前回のテーマの続きとなりますが、快適に眠るには寝室を「眠れる空間」「あなたの一番落ち着く気持ちの良い場所」にしなければいけません。という事で以下の6つの大事な要素のうち①温度と湿度について説明しました。


今回は②音 と ③の光 についてご案内します。

「音」について
皆さんはわずかな音で目が覚めてしまう方ですか?
外の車の音や通行人の話し声が気になるようでしたら窓際に防音シートを貼るなど対策をしてみてはいかがでしょうか?
また家の中(家族の方)の生活音も意外と大きな音がします。
トイレのザーという水の音や玄関やドアの開け閉めの音。更には階段やテレビの音などなど…
子供さんや若い方でしたら眠りも深く目が覚めることもないでしょうが、年配者の方ほどちょっとの音で目が覚め易くなっています。ご家族の協力を得ながら防音の工夫をしてみましょう。
またリラックスできる音楽を低い音量でかけているのも良いです。ある実験では何もしない人より10分程度早く寝つくという結果がでたそうです。

「光」について
夜眠る為に重要なホルモンとしてメラトニンがあります。しかしこのメラトニンは明るいと分泌がしにくく、おおよそ500ルクス以下で分泌がはじまります。しかし夜のコンビニの明るさは2000ルクス以上と言われ、パソコンの明りも1000ルクス以上あります。他にもスマホの明りも同様です。眠る前に布団やベッドでずーとスマホをいじったりしていませんか?
快適に眠るには夜は強い明かりを浴びない方がよいですよ。
また「明るくないと眠れない」という方も時々おりますが、お部屋の中はできるだけ暗い方が眠りには良いです。トイレなどで起きた時の足元が危ないなんてこともあるでしょうから、豆電球かそれ以下のぼんやり何かが見えるかどうか位の暗さが良いでしょう。

4つめ以降はまた次回にご紹介しますね。
皆さまの眠りが少しでも心地よい眠りになりますように・・・

不眠症対策などの事を簡単に解説した「眠れない人の不眠症対策」ホームページは
http://www.nemureta.jp

ふとんのヨネタ
札幌市北区篠路8条4丁目1-64
電話 011-771-0337
Eメール info@yoneta.jp
ホームページ http://www.yoneta.jp

この記事を書いたプロ

米田創

米田創(よねたはじめ)

米田創プロのその他のコンテンツ

Share

米田創プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-771-0337

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

米田創

眠りを知る店 ふとんのヨネタ

担当米田創(よねたはじめ)

地図・アクセス

米田創のソーシャルメディア

rss
rss
2018-04-09
facebook
facebook

米田創プロのその他のコンテンツ