まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
米田創

その人にあった寝具で快眠へと導くプロ

米田創(よねたはじめ)

眠りを知る店 ふとんのヨネタ

コラム

羽毛布団のリフォームについて

夏の時期は羽毛布団を洗ったり直したりする方が多いです。
今回は羽毛布団のリフォームについてよくあるご質問についてお答えします。

ちなみに丸洗いとリフォーム(打ち直しとも呼ばれます)は違って、丸洗いクリーニングは側生地をきれいにこすって布団丸ごと水洗いする事を言います。
汗かきがどうかにもよりますが早い方で2~3年、通常は5年に一度位で洗いますが、頻繁に洗いすぎるとダウンについている動物本来の油分もとれてきますので、まめに布団カバーを洗って汚れないように使う事をおすすめします。

一方、羽毛布団のリフォームは洗う工程も入っていますが中のダウンを抜き取り機械にかけて傷んだ羽毛を取り除き拡散し、新しいダウンも加えて新品同様な形に直す事を言います。
サイクル的には10年前後がおすすめですが15年前後になって膨らみが弱まったりダウンが飛び出したりでリフォームをする方が多いですね。

さて、その羽毛布団のリフォームでよくあるご質問と回答を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

(よくある質問)
使用中の羽毛布団又は押し入れに眠っていた羽毛布団は作りなおしたりサイズを変えたりできるの?
(ふとんのヨネタ)
使用年数や現在のダウン状態を確認(見極め)をして、リフォームできると判断したものはリフォームで作り変えたり、サイズを変えたりもできます。実はこの見極めが非常に重要でどんなに状態の悪い寿命的なダウンでもリフォーム自体はやってできなくはないのですが、良い仕上がりにはなりません。申し訳ありませんが「リフォームはできませんよ!」と判断を下す場合もあります。

(よくある質問)
直すよりも新しい羽毛布団を買ってしまった方が良いのだろうか?
(ふとんのヨネタ)
この1~2年は急激にダウンの原材料費が高沸しております。リフォームできる布団と判断したものであればリフォームの方が断然お得です。

(よくある質問)
布団カバーをはずしたら、羽毛(ダウン)が噴き出ていた。大丈夫だろうか?
(ふとんのヨネタ)
カバーを換える時に小さなホコリに近いようなものが1~2個飛んでいる位でしたら問題ありませんが、それ以上あきらかにダウンが噴き出ているようでしたら即使用中止してください。
買い替え又はリフォームをする時期になった証拠です。主に10年以上経過すると側生地が擦り切れるようにたくさん破けてくる場合が多いです。

羽毛布団のリフォームについてもっと詳しく知りたい方はふとんのヨネタホームページをご覧下さい。
http://www.yoneta.jp/category/953119.html


ふとんのヨネタ
北海道札幌市北区篠路8条4丁目1-64
電 話 011-771-0337
Eメール info@yoneta.jp
ホームページ http://www.yoneta.jp

この記事を書いたプロ

米田創

米田創(よねたはじめ)

米田創プロのその他のコンテンツ

Share

米田創プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-771-0337

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

米田創

眠りを知る店 ふとんのヨネタ

担当米田創(よねたはじめ)

地図・アクセス

米田創のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-10-10
facebook
Facebook

米田創のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-10-10
facebook
Facebook

米田創プロのその他のコンテンツ