マイベストプロ北海道
  1. 新型コロナによる外出制限でネットで保険見直しを考える際の注意点

コラム

新型コロナによる外出制限でネットで保険見直しを考える際の注意点

2020年4月15日 公開 / 2020年5月8日更新

テーマ:新型コロナウィルス、ネット、保険見直し

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: 生命保険 選び方生命保険 種類IFA



今現在新型コロナウィルスの影響を受け、日本各地で外出制限が行われており、家にいる時間が多いという方も多いと思います。また新型コロナウィルスの流行で、生命保険に関心が集まってきていると言われております。

しかしながらいざ「保険の話を誰かに聞きたい!」と思っても、仮に保険ショップに行って話を聞くとしても、店舗型の為3つの密に当たることから、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ですと行くことに気が引けるといった方や、かといって訪問してくれる保険屋さんに聞くのも売り込まれるようで嫌だと思われている方のお話をここ最近多く耳にします。

そんな中ネットで加入できる保険会社のニーズは上がっており、売れ行きは好調となっております。

ここでネットで保険の見直しを検討されている方の為に、注意すべき点をいくつかお伝えしたいと思います。
折角見直しをしても損しては元もこうもないと思いますので、ご興味ある方は是非最後まで読んでください。


多くの方がしているネット保険で加入する際の誤解について


インターネットの普及により、ネットのみで担当者と会話せず、保険に加入できる会社がいくつか存在します。
これからお話しする【保険】というものは、自動車保険や火災保険等の【損害保険】と、死亡保障、医療保険、がん保険、学資保険等の【生命保険】のこの大きく2つに分類してお話ししていきたいと思います。

まず多くの方がしているネット保険ので加入する際についてお話ししていきたいと思います。
多くの方はインターネットで保険に加入した方が、対面で保険の担当者から加入するよりも安く加入できると思っている方がいます。

実はこれは、【損害保険】と【生命保険】で大きく違いがあります。


損害保険はネットで加入した方がお得!?


例えば自動車保険についてはネットで加入できる保険の方が、対面で加入できる保険に比べるとかなり割安で加入することができます。極まれにディーラーや保険代理店から加入した方が万が一何かあった時に助けてもらえるといったお声もありますが、それは以前までの話しで、ここ最近では保険の担当者に連絡しても、結局保険会社のカスタマーセンターとのやり取りになってしまいます。

勿論最後まで保険の担当者にやり取りをお願いすることもできますが、保険会社とご自身の間の仲介をしてもらうだけですので、2度手間にもなります。

またネットで加入する自動車保険は対面で入る自動車保険よりも保険料が安いので事故対応は大丈夫なの!?と心配される方もいると思いますが、そこも問題がありません。もし事故が起きた時も適切に保険会社の担当者が付きます。

ただネットだとどのように保険に加入したら良いか分からないといった方も多くいらっしゃると思います。そういった時は、保険に詳しい保険の担当者や知人に聞いてみるのも良いかと思います。また、ネットで加入できる保険会社の見積もりを作成できる保険代理店の人もいるので、その人に聞いてみるといったこともできるのではないでしょうか?

保険料を割安にしたい方は、ネットで加入することをおすすめします。


生命保険はネットで加入しない方が損をしない!?


まず生命保険についてもネットで加入できる会社が存在します。
ただし保険の種類が限られている場合があります。

例えば死亡保険についてご説明しますと、大きく分けて三つあります。
①定期死亡保険
30歳から60歳までもしお亡くなりになった場合、1000万円の保険金が受け取れるタイプ
②逓減死亡定期保険
30歳の時にお亡くなりになった場合は1000万円受取れますが、45歳の時は700万、60歳の時にお亡くなりになった場合は200万円まで保険金の受け取りが減る逓減定期保険
※但し、定期死亡保険よりも保険料が安いです。
③収入保障保険
30歳から60歳までの間に万が一があった際に毎月5万円とか10万円とか当初決めた保険金を年金のように受け取れる

上記の内、①定期死亡保険についてはネットで加入することができるのですが、②逓減定期保険や③収入保障保険については、ネットで加入することができません。

ここ最近ではタバコを吸っていない方が優遇を受けられる非喫煙者割引等があるのですが、ネット保険では利用することができません。

タバコを吸っていない方や、加入時期と同じ保険金額はいらないといった方は、ネットで加入すると対面で保険屋さんから加入するよりも高くついてしまい、損をする可能性もあります。

また学資保険や資産運用を目的とした変額保険やドル建の終身保険についてもネットで加入することができません。


ネットで生命保険に加入する際に一番気を付けることは告知です


生命保険は過去5年以内の告知を必要とします。実はこの告知がかなり重要です。
仮にお体の告知を誤って契約をしてしまった場合、保険金が出ない可能性があります。

これを【告知義務違反】と言います。

ばれないから大丈夫と思って告知しなかっただけではなく、うっかり告知漏れをしてしまった場合についても同様で、虚偽と疑われる告知については全て調査が入り、今までの傷病歴を調べ上げます。健康診断書や通院した病院も全てです。

また告知のことで付け加えますと、銀行で住宅ローンを組む際に団体信用生命保険に加入される方がほとんどかと思いますが、団体信用生命保険も告知が必要です。ただし告知書を記入させている人間は保険に詳しい人間ではなく、多くは不動産の担当者や銀行員です。

借主が亡くなられた後、告知漏れの指摘を受け、住宅ローンのみが残ってしまい、残されたご家族は返済を継続しなければなりません。

また返済できなければ家も銀行に取られてしまいます。私の知る限りでもこのような悲惨な状態になられた方がいらっしゃいます

このようなケースは多々あります。詳しい人間から指示を仰ぎ、告知書の記入をしない場合、このような惨劇が起きてしまいます。告知書の記入は間違ってはいけないのです。


ネットと対面で加入する際の保険料の違いはあるの!?


ネットで加入できる医療保険やがん保険はについては、ほとんど同じものを対面販売(保険ショップや訪問型の保険代理店、FP事務所で保険の募集人登録をしている人間)で加入することが可能です。また保険料も変わらないケースがほとんどです。

また生命保険会社によって死亡保険や医療保険、がん保険については保険料に違いがあったりします。
対面で加入される際は、どこの保険会社が売れ行きが良くて保険料が割安なのかを教えてくれるメリットもある為、ネットでご自身で考えて加入されるよりもオススメされる保険に加入された方がトータルで安くなる可能性もあります。

生命保険は対面加入とネット加入どちらがオススメか!?


対面で加入した方が良い方
・告知の仕方が分からない方
・タバコを1年以上吸っていない方
・死亡保険を定期死亡保険ではなく、逓減定期死亡保険や収入保障保険の方がライフスタイルが合っている方
・保険の担当者が欲しい方
・ライフプランに合わせて保険設計をしてくれる(担当者によってレベル差あり)
・オススメされる保険に加入できるため、割安で加入できる可能性がある(担当者によってレベル差あり)

ネット加入した方が良い方
・外出せずに完結したい方
・告知の仕方を熟知している方
・対面で加入するよりも安い保険料で加入できる保険に入りたい方
・保険の担当者がいらない方
・保険金の請求をご自身でやりたい方


最後に


私は保険・資産運用・住宅ローンを得意とするファイナンシャルプランナーですが、
当事務所では、オンラインによる保険相談もお受けしております。

電話やSNSで『無料相談』を受け付けていますので、まずはお気軽にご連絡を頂けたら嬉しいです。

◆公式Instagramは、こちらをクリック
◆公式LINEは、  こちらをクリック

相談内容
「保険のことが知りたい」
「つみたてNISA、iDeCoが知りたい」
「住宅ローンの事が知りたい」
「起業の相談をしたい。見込み客の作り方を知りたい」
「事業の融資相談がしたい」
「FPとして成功するためのノウハウを知りたい」
「学資金の準備は何が良いのか知りたい」
「家計管理について教えて欲しい」等なんでも構いません。
メールでも電話でも公式LINEでも気軽にお問い合わせくださいね。


新型コロナに関する制度や過去の関連コラムをまとめています


<新型コロナウィルス感染症の影響で受かられる制度、給付金>

特別定額給付金(国民一人当たり10万円)

小学校等休業等対応助成金(サラリーマン向け)

小学校等休業等対応助成金(個人事業主向け)

新型ロナウィルス感染症の影響を受ける事業者の皆様へ

中小企業200万、個人事業主100万円 持続化給付金の良記事


<関連コラム>
新型コロナウィルスの影響で収入減!?今から始められる簡単節約術5選

<続編>新型コロナウィルスの影響で収入減!?今からでも始められる簡単節約術 金融編 

新型コロナウィルスの影響で家が建たない!?今マイホームを建てる際の注意点とは!?

新型コロナウィルスに感染した場合、保険はどうなるの?

新型コロナウィルスの収束はいつまで!?経済の影響についてをFPが考察


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
保険の見直しをお考えでお困りではありませんか?

北海道札幌市のFP事務所 TOTAL LIFE CONCIERGE
つみたてNISAやiDeCo、初心者でもできる資産運用方法や、保険の見直しポイントを無料で学べるマネーセミナー
詳細はこちらをクリック
初回無料の個別相談はこちらをクリック
執筆・講師依頼はこちらをクリック
お問合せ先:080-5594-2161、tlc.lo2019@gmail.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事を書いたプロ

鈴木淳也

マネーに関する相談・解決のプロ

鈴木淳也(FP事務所 TOTAL LIFE CONCIERGE)

Share

鈴木淳也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-5594-2161

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木淳也

FP事務所 TOTAL LIFE CONCIERGE

担当鈴木淳也(すずきじゅんや)

地図・アクセス

鈴木淳也のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-05-18
instagram
Instagram
facebook
Facebook