まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
鎌田孝

北海道産酒や全国の国酒の良さを発信するきき酒のプロ

鎌田孝(かまだたかし)

タックドゥープランニング

お電話での
お問い合わせ
011-233-2321

鎌田孝プロのご紹介

北海道産の焼酎・日本酒の普及、向上に情熱を注ぐ「北海道ソムリエ」(1/3)

鎌田孝 かまだたかし

北海道産国酒の第一人者としてお酒に関する執筆やセミナーを開催

 2012年に行われた日本酒利酒師、焼酎利酒師の頂点を決める第3回世界きき酒師コンクールにおいて、日本酒部門、焼酎部門で大会初の、ダブル準優勝受賞という快挙を成し遂げたタックドゥープランニング代表の鎌田孝さん。日本酒と焼酎を意味する国酒の分野におけるソムリエとしては、国内外においても右に出る者はいないと言われる人物です。「ビールメーカーに勤めていた父と北海道の酒蔵所に勤めていた母が結婚し、開業した酒屋に生まれた息子なので『酒』はある意味、私の血肉みたいなものです」

 生まれた時からお酒が身近な環境で育った鎌田さん、この偉業は約束されていたことなのかも知れません。今から20年ほど前、北海道にも地産地消が浸透し特産品を活用した焼酎が少しずつ誕生。すぐに興味を持った鎌田さんは、各地のご当地焼酎を調べあげました。「中には、こんな素材でも焼酎が造れるのかと驚かされるものもあり、なんとか地域を活性化させようとする地元の方の努力や執念を感じました」

 しかし当時はまだ、そのことを取り上げるメディアがほとんどなく、「こんなにイイモノがあるのにもったいない」と、自身が経営する飲食店のホームページで収集した北海道の焼酎の情報を発信。そこに焼酎ブームがやって来ます。その噂を聞きつけ、取材やメディアへの出演も激増。しかし専門家としての「肩書き」が無く「居酒屋の親父じゃ、根拠が無いだろう(笑)」と思い、2005年に焼酎唎酒師、翌年には日本酒唎酒師の資格を、2008年にはその2つの上位資格である「酒匠」の免許を取得。北海道のお酒の伝道師として本格的に活動をはじめました。

鎌田孝プロのその他のコンテンツ

Share