マイベストプロ北海道
山中淳一

プロポーズ演出のプロ

山中淳一(やまなかじゅんいち) / プロポーズプロデューサー業

Sincere(サンシェール)

お電話での
お問い合わせ
090-6875-2925

コラム

果たして、結婚式は不要不急なのか?

2020年3月30日 公開 / 2020年4月20日更新

テーマ:結婚式の悩み

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

こんにちは、プロポーズプロデューサーの山中です。
先週末は東京で外出自粛要請が発表されました。
埼玉や千葉などの周辺地域でも同様に東京方面への外出自粛要請が出ていましたね。
週末はいかがお過ごしでしたか?

この週末に結婚式を控えていた新郎新婦もたくさんいました。
そこに参列する友人たちもたくさんいました。
「これは不要不急ではありません」とSNSで発信している投稿がたくさんありました。
その一方で「結婚式って不要不急では?」という声もあります。

結婚式はイベントの一つと思われても仕方ない




人生において一大イベントの一つと言われる「結婚式」
しかし、参列者にとっては一つのイベントだと言われてしまうと「確かに…」と思ってしまいます。
この週末に結婚式を挙げる予定の新郎新婦は、外出自粛要請が出てほとんどの友人から欠席の連絡が来てしまいました。スカスカの状態で挙げる訳には行かないということで、泣く泣く延期にしたそうです。直前の延期だったため、キャンセル費用も莫大になってしまったと言います。

式場によっては、延期時期によって無料で対応してくれる場所も増えてきました。
これからもし延期を検討している新郎新婦がいれば、プランナーさんに聞いてみて下さい。


参列する人も本当に楽しみにしていました。




一概に友人を非難することもできません。
友人にも様々な状況があります。
実際に介護施設で働く旦那さんを持つ友人、医療機関で働く友人、飛行機で子供を連れて参加する予定だったが、家族から猛反対を受けた友人。
家族がコロナではない肺炎で入院していた友人。

本当に本当に楽しみだった結婚式が、こういう状況で欠席の連絡をせざるを得なかった人がいることを新郎新婦の皆さんには知って欲しいと思います。

人生において不要不急はない




これはTwitterで目にしたある言葉です。
結婚式は不要不急と言われるかも知れないけれど、
じゃあ「結婚は不要不急だから延期にする?」
とはならないでしょ!
これは二人の問題だから誰も邪魔される必要はありませんよね?

僕はプロポーズプロデューサーとして、プロポーズ をしたい男性を後押しする仕事をしています。先日依頼があった方は、当初プロポーズを決めた日があったのですが急きょ前倒しでプロポーズの日取りを早めました。
きっとプロポーズをする日を決めてから「待ちきれない!早く!」と思っているのでは?
と分析します。「早くプロポーズをしたい!」という彼の思いを彼女さんが聞いたら嬉しいだろうなと思って、当日はその話を彼女さんに伝えようと思います。

この大変な時だからこそ、家族の、夫婦の絆が深まったりすると思います。
この大変な時だからこそ、この人と夫婦になりたいと思えたりすると思います。

2011年に「震災婚」が増えました。
その話もコラムにまとめているのですが、色んなきっかけで今隣にいる人の大切さに気づけるといいなと思います。
東日本大震災の後に増えたことって?改めて結婚について考える時

結婚式はいろんな形があっても良い。


不安な気持ちの新郎新婦さんのお気持ちは本当に分かります。
今回のことでたくさん悩んで泣いて、延期にするか、決行するか決めた新婦さんもたくさん見てきました。
もし、結婚式にいろんな選択肢があったらいいと思いませんか?
たくさんの友達や親戚や職場の人を呼んで挙げる結婚式以外にも、こんな形の結婚式があります。

〜家族婚〜身内だけで開催する結婚式




これは文字通り、家族だけで結婚式を挙げるタイプです。
10人〜20人程度で開催しています。どちらかというと、両家へのお披露目と会食がメインです。
これだけ少人数なら新型コロナウイルスの影響も少ないかも知れません。
メリットとしては
1.準備期間や費用も少なくて済む
2.主役自身もリラックスして食事に集中できる
3.ドレスも動きやすさ重視でお色直しもしない場合が多いので、新婦の負担も少ない。簡単なドレスにしている場合もあります。
デメリットとしては、
1.親戚をどこまで呼ぶのかということを考えなければならないこと
2.呼ばなかった親戚への対応をどうするか、
といったことでしょうか。
これは両家それぞれに相談しながら決めていくことが必要ですね。

〜フォトウェディング〜写真だけの結婚式




「写真婚」とも呼んでいます。
いろんな事情で結婚式をあげられないご夫婦が、形だけでも残したいと思ってフォトウェディングを選択しています。
とにかく費用が結婚式を挙げるより安く抑えられます。
屋外で撮る「ロケーション撮影」もおすすめ!
特に北海道の広い空や長い道で撮る写真はこれからの季節は最高です。

〜二人だけの結婚式〜旅行がてら旅先で結婚式




「二人婚」とも呼ばれていますが、二人だけで結婚式を挙げるパターンです。
新婚旅行と合わせて、旅行先で小さい教会で結婚式を挙げるご夫婦もいます。
メリットとして
1.二人で日程を決めやすい
もし休日が休みではないご夫婦だと、結婚式の日取りは友人や親戚の都合を聞きながら開催しないといけません。
長期の休みを取ることが難しいと、結婚式の準備も大変ですよね。
二人だけ予定を合わせれば二人婚はできちゃいます!
2.準備期間や費用も少なくてOK
これは家族婚と同じですね。
3.人前に出ることが恥ずかしい!
これは二人婚の大きなメリットかも知れません!
大勢の前に出ることが恥ずかしいご夫婦いますよね?これなら人目を気にせずに二人だけの時間を過ごすことができます。
デメリット
1.親や周囲に理解をされにくいかも
親や親戚の世代は「たくさんの人の前でやること!」という結婚式の概念があるかも知れません。
今は多様な形があります。親とは話し合いながら理解してもらうことは必要です。
帰ってきてから両家だけで食事会という形をとっても良いでしょう。

キャンピングカーで旅をしながらフォトウェディングはいかが?




それならキャンピングカーに乗って旅をしましょう。
どうせ北海道をドライブをするなら、キャンピングカーで走るのも良いですね。
夜は星空が綺麗な牧場で過ごしたり、1日だけラグジュアリーなホテルに泊まったり…
その旅の中でフォトウェディングをしたり…
そんな贅沢なフォトウェディングあります?!

旅先で結婚式をあげたり…
家族だけ呼んで。
家族には現地集合と伝えて(笑)

もっとたくさんの北海道の景色を知ってほしい!
もう一度言います。
そんな贅沢なフォトウェディングあります?!


キャンピングカー×フォトウェディング=【タビキタ/TABIKITA】




あるんです!
今回、フォトグラファーとコラボで
キャンピングカー に乗って
フォトウェディングを撮る
そんな贅沢な企画をご用意しました。

星空の下で、牧場の中で、
富良野とか美瑛とか定番スポットじゃなくて、
誰も知らない北海道の絶景でのフォトウェディングをご提案します。
北海道に住んでいるカップルにはいかがですか?

ただいまモニター大募集ですので、詳しくはお問い合わせください。
Instagramで公式アカウントがありますので、こちらもCHECK!

Instagramやってない方もいると思いますので、こんな募集CMを作りました。

この記事を書いたプロ

山中淳一

プロポーズ演出のプロ

山中淳一(Sincere(サンシェール))

Share

関連するコラム

山中淳一プロのコンテンツ