マイベストプロ北海道
島田政子

音楽の楽しさを教えるピアノ・エレクトーン指導のプロ

島田政子(しまだまさこ) / ピアノ講師 

島田音楽教室

島田政子プロのご紹介

子供から高齢者まで音楽を楽しむことを大事にしたい(1/3)

音楽の楽しさを教えるピアノ・エレクトーン指導のプロ 島田政子さん

「この曲が弾きたい!」という思いに寄り添って指導

 ピアノ・エレクトーン講師の島田政子さんは、札幌市内で島田音楽教室を主宰。教室を開いてから、今年で40年目を迎えました。これほど長く地元で愛されてきた理由は、「子供たちが音楽を楽しむことが、一番大事」というモットーにあるのかもしれません。

「譜面通りにきちんと曲が弾けることは大事です。でも私は、子供たちの『この曲が弾きたい!』という思いを一番に考えています。初心者でも、譜面が読めなくても、大丈夫。弾きたい曲が弾けるように、レベルに合わせて、私が曲をアレンジします。もちろん、基礎的な演奏技術も習得できるように指導しています」

 島田さんは、月刊「エレクトーン」主催のアレンジコンクールで、数々の受賞歴があります。曲のアレンジ力はお墨付き。生徒の得意なところを生かしつつ、生徒と話し合いながら、曲のイマジネーションを膨らませて、アレンジしていくそうです。
「たとえば、『金魚のひるね』という曲があります。小さな子には、『昼寝から起きるときは、どんな感じ?』と質問して、『跳びはねる感じ』と答えたら、五線譜に金魚が跳びはねる絵を描きます。まるで暗号のような譜面ですが、最終的には、アレンジした部分も含めて音符で譜面を書き起こします。すると、テキストのレベルよりも、難しいことをやっていることも多く、子供たちは驚きます。それが、その子の自信になっていくのです」

 年2回のおさらい会など、発表の場が多く、生徒は、それに向けて曲を完成させていきます。島田さんのもう一つのモットーは、「その完成した曲を自分のレパートリーにすること」です。
「譜面を見ずに弾ける曲があれば、人前で披露できます。そうなったら、ピアノは趣味ではなく、特技といえる。弾けることが、人生の財産になるんです」

 教室には、さまざまな楽器が用意され、曲の雰囲気に合うと思ったら、島田さんが打楽器で“合いの手”を入れることも。それが高じて、アンサンブルにも力を入れるようになりました。
「アンサンブルでは、社会に出てから役立つように、協調性やコミュニケーション力を養ってほしい、という思いを込めて指導しています。ピアノよりも熱心になる子も多いです。目標は、コンクール出場。受賞者もたくさん出ています。勝つ喜びや負ける悔しさも、よい経験になっていると思います」

 こうしたレッスンを魅力に感じて、中には30年以上通っている生徒も。
「短い子供時代に、その成長をそばで見られることは、とてもうれしいですね。『青春をここに捧げた』と言ってくれた子もいます。本当にありがたいです」
 2020年には、40周年を記念して、卒業生の同窓会コンサートを企画。コロナ禍で延期となりましたが、参加希望者が殺到したそうです。

Share

島田政子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8370-1997

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

島田政子

島田音楽教室

担当島田政子(しまだまさこ)

地図・アクセス

島田政子プロのコンテンツ